キャプテン・アメリカ式英語学習塾 part2~5

キャプテン・アメリカ式英語学習塾 part2~5

キャプテン・アメリカ

『やぁ、キャプテン・アメリカだ!

教室でも戦場でも、訓練が、その日の成功と失敗を生むんだ。

今日も私と一緒に英語の勉強しよう!』

 

テーマは、英語の単語や熟語などを楽しく学ぶです!

アベンジャーズのフィギュアを使って、4コマ漫画を作っています。漫画なので単語などが見た目で覚えられるのでより覚えやすいです!

 

第2回.単数形と複数形

英語の名詞には、単数形と複数形があります。

基本的に、名詞の語尾に”s”を付けることで単数形から複数形になります。

映画『キャプテン・アメリカ/ファースト・アベンジャー』のアベンジャーアベンジャーズではないのは、キャプテンが1人目のアベンジャーズで、1人しかアベンジャーズがいなかったからですね。

例)

アベンジャーズ

単数:Avenger

複数:Avengers

 

 

第3回.バズるの意味

動詞:buzz

意味:虫がブンブンする

ツイッターなどでは、『バズる』と言って、沢山話題になることを指します。

 

スラング:buzz 人 in

意味:人を中に入れる

このスラングを使った表現が、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告で使われていました。本編にも使われていましたね。

アントマンが『Can you buzz me in?』『中に入れてくれるかい?』って言っていましたね。

 

 

 

第4回.bigとlargeの違い 

大きいの意味を持つbigとlargeのニュアンスの違いを紹介します。

big:何かを見て、大きい!って思ったときに使う

large:何か比較対象があったときに使う、大きい!

 

 

 

第5回.アベンジ(復讐)とリベンジ(復讐)の違い

同じ復讐という意味を持つ、アベンジとリベンジ、アベンジャーズの語源であるアベンジの意味を知っておこう!

アベンジ:正義感による復讐

リベンジ:個人的な恨みの復讐

違いを知ってみると、リベンジャーズじゃなくてよかった!と思いました!

 

 

 

最後に

今回はここまでです。ツイッターでは画像の文字だけで解説していたので、ブログのほうではちょっと詳しく書いたりできたらと思います。

今までのキャプテンアメリカ式・英語学習塾のものは順次解説をして記事にまとめていこうと思います。

 

Twitterはこちら

@Ironman_English

キャプテンアメリカ式・英語学習塾を日々更新しています。

 

過去の作品はこちら

第1回のまとめはこちらから

第1回のbe動詞編はこちらから

キャプテン・アメリカ式・英語学習塾:be動詞編 part1