ネタバレ有『アベンジャーズ/エンドゲーム』から、サノスが2度も言ったセリフはこれ!単語にinを付けると否定になる!

ネタバレ有『アベンジャーズ/エンドゲーム』から、サノスが2度も言ったセリフはこれ!単語にinを付けると否定になる!

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)より

原題『Avengers: Endgame』

 

 

今回の記事で、

・サノスが2度言ったセリフ

・英単語にinを付けると否定の意味になる!

を解説します。今回の記事の内容は、YouTubeの動画でも解説しています。動画はこちらから。記事の最期にリンクも貼りました。

 

アベンジャーズ/エンドゲーム

名言

アベンジャーズ/エンドゲーム 私は絶対なのだ

サノスのセリフ

I used the stones to destroy the stones.

私は石を破壊するために、石を使った。

 

It nearly killed me, but the work is done.

それは私を殺しかけた、しかし、成し遂げた。

 

It always will be.

いつも、そうなるのだ。

 

I am inevitable.

私は絶対なのだ。

 

今回紹介するセリフは、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、冒頭15分くらい、アベンジャーズがサノスを襲撃したとき、サノスが言ったセリフになります。

隠居生活をしていたサノスはアベンジャーズに襲われ、ソーに首を落とされて死んでしまいましたね。こんなに展開が早くていいのか?と驚きました、度肝抜かれましたね。

サノスは死ぬ、インフィニティストーンは破壊されてしまう。映画館で見ていたとき、情報が多くてパニックでした、これから映画どうなるんだ?って。

そして、劇中では分かりませんでしたが、インフィニティストーンはまだ健在のようですね。原子レベルで存在をしているようです。

 

ここのどのセリフも魅力的ですね、英語の不定詞の副詞的的用法(to destroy the stones)もあったりしてどれも勉強になります。

あと、サノスの農家の姿もギャップがあって面白い。

 

 

 

劇中2度言ったセリフは?

アベンジャーズ/エンドゲーム 私は絶対なのだ

上のセリフ中でサノスがもう1度言ったセリフがあります。それは、

サノスのセリフ

I am inevitable.

私は絶対だ。

です。こちらは、映画の最後の最後、サノスがトニーが作ったナノガントレットを装着して、指パッチンをしようとしたときに言ったセリフもこちらです。

 

これに対して、

アベンジャーズ/エンドゲーム 私はアイアンマンだ

トニーのセリフ

And… I… am… Ironman.

ならば、私はアイアンマンだ。

トニーは指パッチンを…

 

今回はこのサノスの2度言ったセリフを解説します。

 

旧サノスと新サノスのどちらも同じセリフを言ってたのが面白いですね。

 

英語の解説

単語・熟語・構文の意味

アベンジャーズ/エンドゲーム I am inevitable

・形容詞のinevitable.

意味:(結果・死など)避けられない、必然の、必ず起こる

 

この単語を使ったサノスのセリフは字幕で

I am inevitable. 私は絶対だ。

『絶対』と訳されていました。サノスが起こそうとしたことは必然として起こる。と言うことを伝えています。

 

・形容詞のevitable

意味:(結果・死など)避けられる

この単語は否定文でつかうので、結局こちらのevitableを使わず、in+evitableのinevitableを使うことのほうが多いです。

 

接頭辞『in』は否定の意味

アベンジャーズ/エンドゲーム I am inevitable

単語の前につける語を接頭辞(せっとうじ)と言います。接頭辞の『in』を付けると、否定の意味を加えることが出来ます。

b,m,pから始まる単語には『im』を付けます。

 

inの場合

finity:限界がある

infinity:限界が無い・無限・インフィニティ

 

imの場合

possible:可能

impossible:可能

 

 

 

おまけ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』より

最後のガーディアンズ対ロナン戦で、ガーディアンズがインフィニティストーンを使ったとき

ロナンのセリフ

You’re mortal! How?

お前たちは死ぬべきなんだ!なぜ!?

 

ガーディアンズがインフィニティストーンを使っても生きていることに驚いたときのセリフです。

ここで使われた、mortalもin,imを付けて意味を否定できる単語です。

mortal:死に際の・ひん死の・死の

immortal:死身の・死の

この『immortal』は『強い!』って意味で使われるので、MCUでも何度が使われています。

そして、映画『ベイマックス』(Big Hero 6)の主題歌に『immortals』って言うのがあるのでお勧めです。ベイマックスもマーベルコミックスです。MUCが好きな人はきっとはまるはず!

 

最後に

アベンジャーズ/エンドゲーム

今回はMCU最強のヴィラン、サノスの名言を解説してみました。

自分のブログを振り返ってみると、サノスのセリフはそこまで扱ってなかったので、これからサノスの名言を増やしたいですね。

心に響くのは長いセリフの時もあれば短いセリフの時もありますが、今回のサノスのセリフは短いですが、力強くてかっこいいですね。

I am inevitable.

私は絶対だ。

inevitableの発音は、イネヴィタブルです。あまり使った経験がない単語なので、日常で使えそうなときに使っていこうと思います。どんな時に使えるのか考えるのも面白そう。

 

 

今回の記事をまとめていて思ったのは、『強さ』を表す単語をMCUで見つけるのも楽しそうですね。

サノス:inevitable(避けれない・必然の)

ロナン:mortal(瀕死の・死の)

→接頭辞imをつけて:immortal(不死身の)

そして、接頭辞のin,imなどは覚えておくと単語を1つ覚えたら、inが付いたから意味が反対!って覚えると、1つの単語で複数の単語を覚えられるので、覚えておくといいですね。

 

これからも、英文を読み取ることでわかる心境や、心に響くかっこいい名言を探し紹介し、そこから英語の勉強につながるようなものを探したいと思います。

 

YouTubeの動画

 

過去の関連記事

エンドゲーム本編のセリフなどの記事はこちら

〇映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の名言・感想・ネタバレあり

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の名言・感想・ネタバレあり

 

 

DVD・BD:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

DVD・BD:アベンジャーズ/エンドゲーム

https://marvel.disney.co.jp/movie.html

(参照2019/05/22)

英語学習カテゴリの最新記事