【サントラ】映画『エターナルズ』のサウンドトラックのタイトルを日本語訳【小ネタ・解説・ネタバレ】

【サントラ】映画『エターナルズ』のサウンドトラックのタイトルを日本語訳【小ネタ・解説・ネタバレ】

映画『エターナルズ』(2021年)より

原題『Eternals』

 

はじめに

映画『エターナルズ』のサウンドトラックに収録された曲のタイトルとその日本語訳をまとめていきます。

映画の小ネタや簡単な英語の解説を交えて紹介します。日本語訳には間違いがあるかもしれませんが大目に見てください。

 

音楽:ラミン・ジャヴァディ(Ramin Djawadi)

ドイツ出身の作曲家です。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)では一度だけ音楽を担当しており、それは映画『アイアンマン』です。MCUの始まりの作品を手掛けたのにもかかわらず、それっきりだったので、今回の起用は朗報そのものです。

そして、彼はアメコミ映画のサントラを手掛け、クリストファー・ノーラン監督とのタッグで有名なハンス・ジマーの会社リモート・コントロール・プロダクションズに引き抜かれています。

 

 

ここから先には映画『エターナルズ』のネタバレが含まれています。

 

 

タイトルと日本語訳

No. タイトル 日本語訳
1 Eternals Theme エターナルズのテーマ
2 It Is Time 時が来た
3 Mission ミッション
4 Somewhere in Time 時のどこかで
5 The Domo ドーモ
6 Joie De Vivre 生きる喜び
7 Celestials セレスティアルズ
8 Life 人生
9 Not Worth Saving 救う価値はない
10 Remember 忘れないで
11 Across the Oceans of Time 時の海を越えて
12 This Is Your Fight Now 今こそ あなた達の戦う時だ
13 Audience with Arishem アリシェムの謁見
14 Isn’t It Beautiful 美しい星でしょ?
15 I Have Been Waiting for This この時を待ちわびていた
16 Emergence Sea 海より出でし者
17 Eternal Loss 永遠の喪失
18 A Wish 願い
19 Earth Is Just One Planet 地球はただの惑星の1つ
20 Nach Mera Hero 私のダンスヒーロー

 

小ネタ・解説

エターナルズ サウンドトラック サントラ

1. Eternals Theme エターナルズのテーマ

テーマ曲があるのはいいですね。エターナルズは10人いるので1人ひとりにテーマ曲を作るとそれだけで10曲になってしまいますし、キャラ格差につながってしまうので、テーマがあるのはメンバーが多いヒーローチームにはありがたいことです。

曲もすごく壮大で、誰しも好きになるであろう曲な感じがしますね。リピートして聞いてます。

 

2. It Is Time 時が来た

劇中で何度か言っていた記憶があるセリフです。そのせいでココだ!って定められないです。サントラでは『It Is Time』ですが、劇中では『It’s Time』だったと思います。DVDやディズニープラスで見れるようになったら確認したいですね。

余談ですが、よく聞く『時が来た』って悪役が言うセリフって感じがしましませんか?『機は熟した』とか。MCUではしっかり悪役が言っています。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でロナンが『The time has come.』『時が来た』と決め台詞を言います。ですが、そのあとスター・ロードにダンスバトルを仕掛けられてしまいます。

 

3. Mission ミッション

セレスティアルズの1人であるアリシェムは、エターナルズを創造しました。その目的は、新しいセレスティアルズを作るためです。その任務・ミッションを指している曲なのでしょう。

 

4. Somewhere in Time 時のどこかで

タイトルの意味は2つほど考えられます。

1つ目は、エターナルズは長い時間生きています。劇中ではいろんな時代のエターナルズが描かれていました。紀元前から現代まで『その長い時間のどこか』といった意味です。

2つ目は、エターナルズは解散し、それぞれの道・人生を歩みだすシーンがあります。そして『これから先のどこかで会おう』といった意味なのかもしれません。

 

まだ映画館で見た段階で記事を作っているので、裏取りができてない状態です。このタイトルはこれかな?こっちかな?と色々考察ができるのもまた面白いですね。DVDで確認がとれたら『Somewhere in Time』がどこかのシーンで言われていたかを調べたいと思います。

 

エターナルズ サウンドトラック サントラ

5. The Domo ドーモ

ドーモ(Domo)とは、エターナルズが宇宙を移動する際に乗っていた宇宙船の名前です。

 

6. Joie De Vivre 生きる喜び

このタイトルはフランス語になっています。フランスのシーンありましたっけ…?

 

エターナルズ サウンドトラック サントラ

7. Celestials セレスティアルズ

セレスティアルズの1人、アリシェムがエターナルズとディヴィアンツを創造しました。

 

8. Life 人生

lifeの意味は、生命、人生、寿命といった意味があります。どの意味でもある可能性がありますね。

『生命』と捉えるとしたら、エターナルズの地球に住む生き物に対する思い。

『人生』ならば、エターナルズが解散して、自分たちの各々の人生を歩んでいくこと。

『寿命』ならば、スプライトが最後に人間になり、死ぬ体になります。すなわちそれは寿命があるということ。

どれを指しているのだろうか?サントラは全20曲で、これは8曲目なので映画の流れ・時系列的には『生命』か『人生』のような気がしますね。

 

エターナルズ サウンドトラック サントラ

9. Not Worth Saving 救う価値はない

セレスティアルズのアリシェムは地球に住む生き物の知的エネルギーを使い、新たなセレスティアルズを地球を依り代にして生み出そうとします。

なので、セレスティアルズからすれば、地球に住む人類、生命は『救うに値しない』存在ですね。

 

エターナルズ サウンドトラック サントラ

10. Remember 忘れないで

何度も言われていたセリフです。

セナは任務に就く前の記憶と自分が歩んだ記憶の両方を持ってしまい、時には自分を忘れて仲間であるエターナルズを襲ってしまいます。そこで、ギルガメッシュがセナに対して、『自分の記憶を忘れないでほしい』という意味で『Remember』を使っていました。

そして、ギルガメッシュはセナを守る中、ディヴィアンツのクロとの戦いに敗れます。ひん死のギルガメッシュはセナの腕の中で息を引き取ります。そこでセナがギルガメッシュに対して、『ギルガメッシュのことは忘れない』という意味で『Remember』を使います。

この『Remember』にはギルガメッシュとセナの切ない思いが詰まっていると思います。

 

11. Across the Oceans of Time 時の海を越えて

海を大きなものの比喩として使うことがありますね。エターナルズは我々人間が経験することができないような、長い時間、つまり長い時間の海を越えて生きています。それを意味したタイトルなのでしょう。

海の意味を持つ『ocean』と『sea』があります。大雑把ですが、『ocean』の方が広い・大きいです。

 

12. This Is Your Fight Now 今こそ あなた達の戦う時だ

劇中で聞いた記憶があるのですが、どこだったろうか…?

 

エターナルズ サウンドトラック サントラ

13. Audience with Arishem アリシェムの謁見

Arishemはセレスティアルズの1人、アリシェムです。

『audience』は『オーディエンス、観客』と言った意味もあるのですが、いわゆる王の謁見(えっけん)の『謁見』という意味があります。

エイジャックとセルシがアリシェムと交信をしていました。それがアリシェムとの謁見なのでしょう。

 

エターナルズ サウンドトラック サントラ

14. Isn’t It Beautiful 美しい星でしょ?

これはセルシが初めてイカリスにいったセリフです。予告でも使われていたセリフです。ちょっぴり違いがあります。

予告だと、『It’s beautiful, isn’t it?』『美しい星 でしょ?』とありました。

予告と本編で同じシーンが使われているのですが、予告だと窓の外は地上が見えました。しかし、本編では宇宙から地球を見下ろすシーンでした。マーベル映画であるあるの嘘予告ですね。

 

15. I Have Been Waiting for This この時を待ちわびていた

どのシーンを指しているのか迷うタイトルですね。イカリスのことを指していると思います。

エターナルズの真の目的は『地球・人類の繁栄』ではなく、『新たなセレスティアルズの誕生』です。その事実を知っているのはエイジャックのみでしたが、その事実をエイジャックはエターナルズの中でイカリスのみに伝えます。

イカリスとセルシは恋人同士でした。セルシは地球で生きる中、地球を愛します。しかし、その彼女が愛する地球は、新たなセレスティアルズのための犠牲になる運命にあります。その事実を誰にも伝えられない思いを胸に、イカリスはセルシの元を去ります。

そして、遂に地球が犠牲になり、新たなセレスティアルズが誕生する時がきます。その想いが詰まっているタイトルなのではないでしょうか。

 

16. Emergence Sea 海より出でし者

直訳すると、『emergence』は『出現』で、『sea』は『海』ですね。おそらく海から出てきた新たなセレスティアルズの1人、ティアマットのことを指しているのでしょう。

 

17. Eternal Loss 永遠の喪失

『loss』の意味には『喪失、死、死による悲しみ』といった意味があります。

長い任務の果てに、失ってしまったエターナルズの死を意味しているのかもしれませんね。

 

エターナルズ サウンドトラック サントラ

18. A Wish 願い

スプライトは歳を取ることができず、10人いるエターナルズの中で唯一の子どもです。子どもであることで長い間辛い思いをしてきました。なぜ、周りのエターナルズと違うのか?と。そんな彼女の願い(A Wish)、人間になりたい、歳を取りたい、成長したいという願いをセルシは映画の最後に叶えましたね。

 

19. Earth Is Just One Planet 地球はただの惑星の1つ

映画の最後、エターナルズのセナとドルイグとマッカリの三人は、外宇宙にいるであろう他のエターナルズにこの『惑星に住む生命は新たなセレスティアルズの犠牲』であるという事実を伝えようと宇宙船ドーモに乗って旅立ちました。

なので、地球は広い宇宙にある、ただの惑星の1つに過ぎないのでしょう。

 

エターナルズ サウンドトラック サントラ

20. Nach Mera Hero 私のダンスヒーロー

これは曲を聴いてもらえればすぐわかると思います。インドで映画スター・監督となっていたキンゴの歌です。

NachとMeraはヒンディー語なので、もしかすると訳は間違っているかもしれません。

 

おわり

エターナルズ マーベル アベンジャーズ

今回のサントラのお気に入りは1曲目の『Eternals Theme』です。曲は威風堂々としていてとても力強いです。この曲1つのためにサントラ買ってもいいくらいですね。何をもってエターナルズらしいと言えばいいのか分かりませんが、エターナルズらしい曲です。

記事の中ですでに言いましたが、サントラのタイトルの意味を映画を見て考えたりするのは面白いです。またマーベルの新作映画が公開されましたらすぐ記事を作るのでサントラが好きな人はまた記事を読みに来てほしいです。

 

これまでに色んなMCUのサントラの記事を作っているのでサントラが好きな人はぜひ読んで見てください。MCUのサントラ事情は面白く、フェーズによって特徴があったりするんですよ!

それではまた違う記事で会いましょう。

 

関連記事

マーベルの作曲家で見る映画【フェーズ1】

マーベルの作曲家で見る映画【フェーズ2】

【10年の歴史】アベンジャーズのサウンドトラック・作曲家【総まとめ・その1】

 

 

 

参照:Marvel Studios’ Eternals | Official Teaser

https://youtu.be/0WVDKZJkGlY

参照:Marvel Studios’ Eternals | Final Trailer

https://youtu.be/x_me3xsvDgk

(参照2021/11/05)

映画関連カテゴリの最新記事