【英語と字幕の違い】ドラマ『シークレット・インベージョン』最新予告【小ネタ・英語解説】

【英語と字幕の違い】ドラマ『シークレット・インベージョン』最新予告【小ネタ・英語解説】

ドラマ『シークレット・インベージョン』(2023年)より

原題『Secret Invasion』

 

シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ

この記事では、ドラマ『シークレット・インベージョン』の予告の日本語字幕と直訳の違いをまとめていきます。

 

ドラマ『シークレット・インベージョン』予告 字幕と日本語訳の違い

1.

シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ

マリア・ヒル

For years, you’ve been avoiding Earth.

字幕:あなたは何年も地球を避けてきた

訳 :長年 あなたはずっと地球を避けていた

 

I have called for your help plenty of other times and

字幕:何度も助けを求めたのに

訳 :私はあなたに何度も助けを求めた

 

you’ve been pretty content to let those calls go straight to voicemail.

字幕:留守電のメッセージも無視するばかり

訳 :あなたは何の抵抗もなく私の電話をそのまま留守電に送り続けてきたわ

 

ニック・フューリー

Yeah, well, this is different.

字幕:今は 事情が変わった

訳 :あぁ 今回は事情が違うんだ

 

英語の解説

・現在完了進行形

作り方:have been+動詞のing形

意味:ずっと~し続けている

ある状態が過去から現在まで継続しているときに使います。現在進行形と比べると過去からずっと続いているという点に焦点を当てています。

マリア・ヒルがこの現在完了進行形を使っていますね、この表現を使っていることで、『フューリー、あんたずっと前からムシを決め込んでたのに今になってなに?』って感情が伝わってきますね。

・使役動詞+O+原形不定詞

意味:Oに~させる

let, make, haveなどの使役動詞を使う場合は、目的語(O)の後に原形不定詞を置き『Oに~させる』という文を作ります。

let those calls go straight to voicemail

留守番電話に電話を送る

セリフでは使役動詞letの後に、目的語のthose calls(電話)、原形不定詞のgoが続いてますね。

 

2.

シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ

ニック・フューリー

How much do you know about your security detail?

字幕:自分たちの警護状況は把握してるか?

訳 :キミはセキュリティの詳細をどれくらい把握している?

 

ローディ

What do you mean, how much do I know about them?

字幕:どういう意味だ?

訳 :それはつまり、私がどれだけそれを把握しているってことか?

警護の1つ、身体チェックを受けたフューリーが警護状況・セキュリティの詳細の話を切り出すのがまた面白いシーン。

 

3.

シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ

タロス

Fury, we’ve got to be very careful now.

字幕:フューリー よほど気をつけないとな

訳 :フューリー 我々は今や要注意しなければならない

 

女性

You’re in no shape for this fight that lies before us.

字幕:あなたに この戦いは無理

訳 :あなたは この私たちの前に立ちはだかる戦いに対処できる状況ではないわ

 

This is just the beginning.

字幕:これは序の口よ

訳 :これはほんの始まりに過ぎない

 

英語の解説

・in no shape for ~

意味:~する気分ではない、~する状況ではない

言葉遊び?

この謎の女性が口にした『You’re in no shape for this fight that lies before us.』に注目します。

shape(シェイプ、形)という単語が含まれています。このshapeという単語はマーベルファンは見たことがあるのではないでしょうか。

シェイプ・シフター(Shapeshifter)です。そう姿形を自由に変えるスクラルです。

このドラマ『シークレット・インベージョン』はシェイプ・シフターのスクラル達によって地球侵略される物語です。セリフでは『in no shape for ~』『~する状況ではない』という熟語を作る単語として使われていますが。これはあえてshapeという言葉を選んでいるのでしょう。

 

4.

シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ

ニック・フューリー

This is my war… alone.

字幕:私の戦争だ ただ一人のな

訳 :これは私の戦争だ… 私一人の

 

And I’m the last person standing between them and what they really want.

字幕:私だけだ 奴らが狙うものを 守れる者は

訳 :私が奴らと奴らが狙っているものの間に立ちはだかる 最後の人だ

 

タロス

And what is that?

字幕:何を狙っている?

訳 :それは何だ?

予告を見てもらうと分かるのですが、ニック・フューリーとタロスの会話の間は結構時間が空いています。おそらくタロスが言った『that:それ』は『what they really want:彼らが狙っているもの』を指しているのだと思いますが、意外とミスリードなのかもしれません。

 

英語の解説

熟語

the last person to do:決して~しない人

the last person that 関係代名詞:決して~しない人

このように『決して~しない人』と訳します。ただ、文脈によっては『~する最後の人』と訳す場合もあります。

 

セリフで使われたのは『the last person standing ~』で『the last person + 分詞』この形ですね。

『私だけだ 奴らが狙うものを 守れる者は』と字幕に訳されたのは、英文を『私が最後に人』と訳し、もう『私以外の残っていない』という風にとらえるのがいいのかもしれません。サノスとの決戦以降、アイアンマンやトニーが地球を離れた今、フューリーが信頼を寄せられる人も少なくなっていることを感じさせる一言ですね。すごく重たいです。

 

最後に

シークレット・インベージョン マーベル アベンジャーズ

予告の日本語字幕と英語の日本語訳の比較になりました。

You’re in no shape for this fight that lies before us.

字幕:あなたに この戦いは無理

訳 :あなたは この私たちの前に立ちはだかる戦いに対処できる状況ではないわ

シェイプ・シフターがメインとして扱われる作品で『in no shape』を使う。とても面白いですね。こういうのに気付けるので英語の原文を読みたくなりますね。

今回の解説は以上です。また新しい予告がでたら解説してきたいと思います。

 

 

関連記事

https://amecomi-en.com/20259

【字幕にはない部分が?】映画『ソー:ラブ&サンダー』最新予告・前編【英語と字幕の違い】

【タイトルの意味は?】ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』最新予告【英語と字幕の違い】

 

 

 

参照:Marvel Studios’ Secret Invasion | Official Trailer | Disney+

https://youtu.be/qZVTkn2NjS0

参照:マーベル・スタジオ『シークレット・インベージョン』|予告編|Disney+ (ディズニープラス)

https://youtu.be/BN-hiqeTlc8

(参照2022/09/12)

英語クイズカテゴリの最新記事