スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの予告の日本語訳!

スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの予告の日本語訳!

ついに!スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの予告が解禁されましたね!

楽しみでずっとツイッターに張り付いてました!

 

さっそく、英語を訳していきたいと思います。

英語の日本語訳と、考察を一緒にすると読みずらそうなので、今回は日本語訳と考察を分けてみようと思います。

 

まずは、日本語訳だけをまとめていきます。

 

 

メイおばさん

Thank you, Spiderman! 

『ありがとう、スパイダーマン!』

 

Greeeeaaaat!

『良かったね!』

 

ピーター

That was so good!

『凄く良かったね!』

 

 

 

ハッピー・ホーガン

Hey! Sorry I am late.

『やぁ、ごめんよ、遅れちゃって!』

 

ピーター

Happy!

『やぁ、ハッピー!』

 

 

 

ハッピー・ホーガン

You look nice!

『綺麗だよ!』

 

look 『~に見える』

この表現が苦手な人が多いですが、要はbe動詞と同じ意味だと思ってしまうと簡単です。

You are nice!と同じ意味だけど、目で見てそう思った時に使うのが、lookです。

 

メイおばさん

Thank you! You too!

『ありがとう!あなたもよ!』

 

ハッピー・ホーガン

Thank you! New dress?

『ありがとう!新しいドレス?』

 

 

 

メイおばさん

Yes, it is! How’d you know? Hehe!

『そうよ!なんで知ってるのよ?ハハ!』

 

How’d = How did, How had, How wouldのどれかになります。

hadの場合は、過去完了になるので次に来る動詞が過去分詞になるので、今回は、How didかHow wouldになり、ここではwouldがふさわしいですね。

howは『どうやって?』という意味になります。

方法を聞く時に使います。

whyの『なぜ』と混ぜないようにしましょう。

上の訳は、『どうして知ってるの?』より『なんで知ってるの?』の方が良いと思い、意訳をしました。

 

ピーター

… What just happened?

『・・・なにがあったの?』

 

疑問詞のwhatが主語になっているので肯定文の文法になっています。

疑問詞が主語になるパターンは多いのでこれは覚えておきましょう。

 

例)whoの例

Who killed Tony’s parents?

誰がトニーの両親を殺した?』

The Winter Soldier killed his parents.

ウィンター・ソルジャーが彼の両親を殺した。』

 

 

 

デルマーさん

Planning a trip?

『旅行に行く計画中?』

 

デルマーさんは、ピーターがサンドウィッチを買いに行くお店の店主ですね。

plan『計画する』一般動詞は、ing形にする時に、“n”を重ねてingなので注意しましょう!

 

ピーター

Mm-hmm! Going to Europe. It’s a school trip.

『ん~~!ヨーロッパに行くんだよ。修学旅行なんだ。』

 

 

 

メイおばさん

Did you get your passport?

『パスポートは取ったの?』

 

一般動詞の過去形の疑問文ですね、中学生の方はこういった基本の表現からマスターしていきましょう!

いきなり全部の表現を理解するのは大変なので、ちょっとずつ分かるフレーズを増やせると面白いですね。

 

 

ピーター

Peter Parker, here to pick up a passport, please?

『ピーター・パーカーです、パスポートを作りに来ました!お願いします!』

 

この文は

I came here to pick up a passport.

の略で、分解して訳すと分りやすいです。

 

I came here

『私はココに来た』

to pick up a passport

『パスポートを手に入れるために

不定詞の副詞的用法を使っています。

 

pick up『持ち上げる、拾い上げる、手に取る、手に入れる』

場面によってどの訳になるかを考えましょう!

 

 

 

メイおばさん

Mini toothpaste?

『ミニ歯磨き粉?』

 

歯の単数形は、tooth。歯の複数形は、teeth。

同様に、足の単数形は、foot。足の複数形は、feet。

単数から複数にすると、“oo”が”ee”になるシリーズです。覚えておきましょう!

でも、

食べ物の単数形は、food。食べ物の複数形は、foods。となるので、なんでも!と覚えてはいけません。他にも、wood等も

 

ピーター

Mm-hmm.

『ん~~~』

 

メイおばさん

Packed your suit?

『スーツも持っていくの?』

 

 

 

ピーター

I just wanna go on my trip, with my friends.

『ただ友達と旅行に行くだけだし。』

 

『wanna』は『want to』と同じ意味です。『want to 動詞の原形』で『~したい』となります。

似た形で、『gonna』は『going to』と同じ意味です。良く出るので覚えておきましょう!

 

 

Europe doesn’t really need a friendly neighborhood Spiderman.

『ヨーロッパは、親愛なる隣人スパイダーマンは必要ないか!』

 

英語は、この様に主語をヨーロッパ(Europe)などを持ってくる表現を使います。

自分でこの文を作ろうとすると、スパイダーマンが主語の、受動態の文を作る人が多いと思います。

A friendly neighborhood Spiderman is not needed in Europe.

『スパイダーマンはヨーロッパでは必要とされてない。』

このフレーズで、スーツを持っていかないのが分りますね。

 

 

 

ピーター

You look really pretty.

『凄く可愛いよ。』

 

予告の冒頭でもあったlookの表現ですね。

この予告でも何度も使われています、会話で良く使う表現なので何度もlookの文を見る過程で使い方を覚えてしまってもいいですね。

 

ミッシェル

And therefore I have value?

『だから、私は価値があるって?』

 

therefore 副詞『だから・したがって』

soと同じ様な意味ですが、ちょっと堅い印象がある表現です。

もしかして、ココで、硬い表現であるthereforeを使っていることで、ピーターとミッシェルの2人の関係がまだ進展していないことを示唆しているのかもしれませんね。

 

ピーター

N-no, that’s now what I…

『い、いや。ただ僕は。』

 

 

 

 

ミッシェル

I’m messing with you…

『ちょっとチョッカイ出しただけだよ。』

mess with you 『あなたにチョッカイを出す』

 

messは発音がメスになるので、手術とかに使うメスをイメージするかもしれませんが、関係なく。

messは、『散らかす』という一般動詞です。名詞だと『乱雑』です。

メスを英語にすると、scalpel(スカルペル)になります。

 

ピーター

Heh… Hehe…

『ハハ・・・ハハハ・・・』

 

ミッシェル

You look… Pretty, too…

『あなたも、可愛いよ。』

 

 

 

 

 

前半おしまい

英語から日本語に訳すのはここでいったん区切りをつけます。

次回に、後半の日本語訳を行い、その後考察をして行こうと思います。

 

後半にはニック・フューリーにヴィラン達が出てきますね!

それに新しいスーツまで!ワクワク!

 

 

 

SPIDER-MAN: FAR FROM HOME – Official Teaser Trailer

(参照2019/01/16)

映画関連カテゴリの最新記事