時系列がわかる!エンドゲームの意味深なポスターに記されていることとは?

時系列がわかる!エンドゲームの意味深なポスターに記されていることとは?

 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の時系列がいったい、いつなのか?

ファンの間で話題になっていますね。

 

その時系列がわかるヒントが、特別映像のポスターに隠されています。

 

Where Do We Go, Now That They ‘re Gone?

『今やもう、彼らは逝ってしまった、私たちはどこに行くのだろう?』

このポスターの英語の意味を考えていくと、この映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の時系列がわかります。

 

考察と英語の表現の解説をこの記事では行います。

英語の表現は、中学生レベルの基本の表現になってて、日常の英会話にも使いやすいフレーズが含まれているので、覚えていってください!

今回覚えていってほしいのは、”Now that”です!

 

Where Do We Go, Now That They ‘re Gone?

『今やもう、彼らは逝ってしまった、私たちはどこに行くのだろう?』

 

Weの”私たち”は、サノスの指パッチンで、死なずに生き残った人たちを指しています。

Theyの”彼ら”は、サノスの指パッチンで、惜しくも死んでしった人たちを指しています。

 

WeとTheyの違い

weとtheyの意味をまとめると

 

we:私たち・1人称複数

they:彼ら、彼女ら・3人称複数

 

1人称は、自分を含み3人称は自分を含んでいません

 

Where Do We Go?

『私たちはどこに行くのだろう?』

私たち(we)は、まだ生きていて、これからどうしていったらいいのか、悩んでいる。

 

They ‘re Gone.
『彼らは逝ってしまった。』

彼ら(they)は、もう死んでしまっている。goneは・死んでいるという意味です。

 

しっかりと、weとtheyで別けています。

weとtheyを区別することで、『今現在2つの分類がある。』ことがわかりますね。

このように、2つの分類、生きている人たちと・死んでいる人たちがいる区別があることより、サノスの指パッチンの後に作られたポスターだということがわかります。

時系列は、映画『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の後だと、思います。

 

おまけ、weとtheyの使い分け

慣用表現の『we have ~』と『they have ~』、『~がある。』の使い分けを解説します。

 

weを使うときは、自分を含んでいるので、自分が日本に住んでいる場合は

We have Tokyo Skytree in Japan.

『日本にスカイツリーがある。』

と言えます。

 

自分が日本に住んでいて、アメリカに住んでいない場合は、

We have Avengers Tower in America.

『アメリカにアベンジャーズタワーがある』

は言えず、アベンジャーズタワーがある場所に自分は住んでないので

They have Avengers Tower in America.

と、言ったほうが正しいのです。

 

 

Now(副詞)の使い方!

nowは、ツイッターとかで、『~なう』のnowです。now thatは副詞ではないです、後述します。

意味:いま

 

このnowは中学校で習ったりしますが、基本的に副詞として習います。

 

例)

Baby Groot is dancing now!

『ベビーグルートは今、ダンスしています!』

 

Baby Groot is thinking now.

『ベビーグルートは今、考えています。』

 

しかし、nowは副詞だけでなく、now thatで接続詞として使うことが出来ます。 

ただし、now thatを単語ごとで考えず、1つのフレーズになっていると考えてください。

now・今、that・あれ、で訳すとわからなくなっちゃいます。

 

now thatの意味

品詞:接続詞、文と文を繋げることが出来る品詞

意味:いまや~だから

理由を説明するのに使うフレーズです。thatを省略する場合もあります。

 

例)

Now that Tony is gone, Obadiah can do what he wants.

『今やトニーは逝ってしまったので、オバディアは好きなことが出来る。』

 

Now that Odin is gone, Thor and Loki must go along together.

『今やオーディンは逝ってしまったので、ソーとロキはともに協力しなければならない。』

例を考えていたら、『逝ってしまった』が使いやすくて驚き。

 

Now that Peter’s homework is done, he goes out to see Tony.

『今や宿題が終わったので、ピーターはトニーに会いに行く。』

 

学生の方はこういった、表現が日常でも使いやすいと思うので、使ってみてください!

 

まとめ

日本語版の字幕などでは表現されていない、ポスターの内容に触れてみました。

ポスターの内容を読み取ることで、いろいろ気づくことが出来ますね。

 

英語の勉強をしていると、こういった表現を自分で見て、自分で理解できることが楽しいです!

 

今回の英文にあった、Now thatのフレーズを日常で使って『アベンジャーズ/エンドゲーム』を高めて、公開を楽しみにまってみてはいかがでしょう。

 

Not that my article is done, I watch Avengers Infinity War again!

『今や記事が終わったので、アベンジャーズインフィニティウォーを見直すぞ!』

 

 

 

Marvel Studios’ Avengers: Endgame – Big Game TV Spot
https://www.youtube.com/watch?v=-iFq6IcAxBc
(参照2019/02/11)

Guardians of the Galaxy Vol. 2 Teaser Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=dW1BIid8Osg&t=3s
(参照2019/02/11)

Marvel’s Avengers: Age of Ultron – Trailer 3
https://www.youtube.com/watch?v=JAUoeqvedMo

(参照2019/02/11)