映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!その7!ミステリオはベンおじさん?スパイダーマンの友達が死ぬ?

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!その7!ミステリオはベンおじさん?スパイダーマンの友達が死ぬ?

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告(6.28世界最速公開)より

原題『Spider-Man: Far From Home』(2019年)

 

 

ネタバレありネタバレありネタバレあり

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見た方は今回の記事を見てください。

内容は映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ですが、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の内容に触れています。

ネタバレありネタバレありネタバレあり

 

 

今回の記事は予告の英文を1つ1つ解説しつつ、英語が苦手な方でも分かるように説明していきます。

楽しく英語の勉強が出来るように作っています。マーベルを題材に英語を勉強していきましょ~!

予告の日本語字幕と直訳ではどういった違いがあるのか?間違った意味になっていないか?などを見ていきましょう!

中学・高校生がわかるよう、解説していきます!

今回の記事の内容は、YouTubeの動画でも解説しています。動画は下にリンクを貼りました。

今回は続きの記事になります、最初の記事はこちら。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!字幕からは分からない英語訳!

 

 

 

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告より、ミステリオはベンおじさんポジション?

 

ミステリオのセリフ

You’re right, you may not be ready.

字幕:やはり君にはまだ早い

直訳:君は正しい、君はまだ準備が出来てないだろう

 

日本語字幕にはでていませんが、『君が正しい』というフレーズがあるので、スパイダーマンは戦いに出向きたくないことと、準備が出来ていないのが分かります。

スパイダーマンが戦いたくないことを、ミステリオに相談していて、スパイダーマンがミステリオに対して信頼を置いているのが分かりますね。

 

英語の解説・単語・熟語など

・助動詞may

意味:~かもしれない・~だろう

助動詞を使った場合、助動詞の文法になります。be動詞の前にnotがあると違和感を覚えるかもしれませんが、助動詞の文法だと助動詞の次にnotです。

be動詞:I am not Spider-man. 僕はスパイダーマンじゃないよ。

助動詞:She may not be Gamora that Star-Lord knows. 彼女はスターロードが知っているガモーラではないだろう。

 

 

ミステリオのセリフ

But this is my responsibility.

字幕:ここは私に任せろ

直訳:しかし、これは私の責任だ


スパイダーマンの一番の名言といえば、こちらだと思います。

ベンおじさんのセリフ

『大いなる力には、大いなる責任が伴う』

With great power, comes great responsibility.

この名言の中に、responsibilityの責任と言う言葉があります。この言葉が、ミステリオのセリフにも入っていますね、予告を見ていて一番印象に残った言葉はこの言葉でした。

MUCのスパイダーマンには、ピーターがスパイダーマンに成った経緯の描写はありません。そして、ベンおじさんの姿も出ていません。しかし、今回の予告ではミステリオがベンおじさんの名言にもある、responsibilityと言う言葉を言いましたね。ミステリオはもしかすると、ピーターのベンおじさんポジションなのかもしれませんね。

 

英語の解説・単語・熟語など

・名詞responsibility

意味:責任

カッコよく、『これは俺の責任だ』は『This is on me.』で表すことが出来ます。ちなみに、『これはおごりだよ!』って意味にもなります。

『on me』で、『私に責任がある』って意味になるので、おごりって意味にもなります。

 

 

 

 

ミステリオのセリフ

Saving the world requires sacrifice.

字幕:世界を救うには犠牲を伴う

直訳:世界を救うことは、犠牲を要求する

 

悟っているセリフですね。こういったセリフから、ミステリオは長いヒーロー生活を送ったようにも考えられますね。

 

英語の解説・単語・熟語など

・動名詞が主語

主語:Saving the world 世界を救うこと

動詞:requires 要求する

動名詞は三人称単数扱いのため、一般動詞のrequireにsがついていますね。

 

 

ミステリオのセリフ

Sometimes people die.

字幕:人々が死ぬこともある

直訳:時として、人は死ぬ

 

ミステリオがピーターにこういったセリフを言ったということは、誰かが死んだ。から言ったのではないでしょうか。それは町の人々なのか、MJなのか…

 

英語の解説・単語・熟語など

・副詞のsometimes

意味:もちろん・当たり前

今回のof course notは、of course I am not Spider-man.の省略です。

・be動詞の場合→be動詞の後

・一般動詞の場合→一般動詞の前

・助動詞の場合→助動詞の後

 

 

 

スパイダーマンのセリフ

I always feel like I’m putting my friends in danger.

字幕:皆を危険に巻き込みたくない

直訳:僕はいつも、友達たちを危険にさらしてるように感じる

 

守りたい対象が友達なのがスパイダーマンの親近感を覚えるところ、トニーは世界を守ろうと考えていましたね。トニーはサノスから世界を守りましたが、これから先のMCUにサノス以上の敵は出てくるのだろうか。

 

英語の解説・単語・熟語など

・I feel like (that) 1文

意味:1文だと感じる

よく見る『think (that) 1文』と同じようなものです。

 

・put A in danger

意味:Aを危険な状態にする

『Aを危険な状態の中に置く』が、上の意味になりました。

inが包囲のイメージがあるので、in dangerで『危険の中にいる・危険な状態』と考えられます。

 

 

最後に

今回はここまでです、次回で予告のすべてのセリフを解説しきると思います。

ミステリオのセリフが、ベンおじさんの『大いなる力には、大いなる責任が伴う』を彷彿させるものがありましたね。そして、誰かが死んだのかもしれないセリフもありました。ミステリオとスパイダーマンとの関係がどうなるのかが楽しみですね。

 

これからも、英文を読み取ることでわかる心境や、心に響くかっこいい名言を探し紹介し、そこから英語の勉強につなげたいと思います。

 

追記

記事が完成したので、下にリンクを貼っておきます!

 

この記事の続きはこちら

〇映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!その8!スパイダーマンとハッピーの関係・壁画に隠された秘密

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!その8!スパイダーマンとハッピーの関係・壁画に隠された秘密

 

YouTubeの動画

 

過去の関連記事

スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの記事はこちら

〇映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!字幕からは分からない英語訳!

今回の予告解説の最初の記事です!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!字幕からは分からない英語訳!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告(6.28世界最速公開)

(参照2019/05/25)