ネタバレ有り:映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のサウンドトラックの曲名・タイトルを日本語訳!

ネタバレ有り:映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のサウンドトラックの曲名・タイトルを日本語訳!

この記事は映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(原題『Spider-Man: Far From Home』、2019年公開)をもとにしています。

今回は映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のサウンドトラックの曲名・タイトルを日本語訳していこうと思います!

タイトルからわかることや、シーンを振り返って、映画の世界に浸りましょう!

映画のサウンドトラック・サントラが好きな方は多いと思います、私も好きで、自分で英語を日本語訳をしたりするので、それを記事にしていきます。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のサントラはどれもいいですよね、自分はアイアンマン関係が好きです。

!!ネタバレあり!!

記事の内容は、映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の内容に触れるので、映画をまだ見てない方で、ネタバレは…って方は、これ以上先を読まないでください。

また英語のセリフなどは、映画館で聞いただけなので、間違いもあるかもしれません。



サウンドトラックの楽曲タイトルとその日本語訳

1:Far From Home Suite Home

日本語訳:スイートホームの故郷から遠く

Suiteはいわゆる、スイートルームのスイートです。映画では、スパイダーマンの故郷であるニューヨークから離れた、ヨーロッパが舞台になっていますね。

2:It’s Perfect

日本語訳:完璧だ

何を指しているのだろうか、ゆったりとした曲調なので、スパイダーマン/ピーター・パーカーの学校生活のシーンだろうか、それとも映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で亡くなった人たちの追悼のシーンで流れていたかもしれない。

スパイダーマンのピーターがヨーロッパ旅行の計画を練っていた時に、完璧だ!って言っていた気もします。

3:World’s Worst Water Feature

日本語訳:世界最悪の噴水

featureは、特徴です。Water Featureで噴水と訳せます。おそらく、イタリアのヴェネツィアで出現した、水のエレメンタルズのことを指していると思います。

4:Multiple Realities

日本語訳:複数の現実・リアリティー

ベックが異次元から来たという話から、複数の現実とは、複数ある異次元のことを指していると思います。『異次元がある』という、ベックの話は全てでっち上げだったので、マルチバース(複数の世界)がある可能性はいったん無くなってしまいましたが、今後どうなるだろう。

5:Brad to the Drone

日本語訳:ドローンを釘で打ち付ける

一般動詞のbradは、釘で打ち付ける、と言う意味です。ミステリオ/ベックの戦っている姿はドローンたちを使ったイリュージョンでしたね。ドローンをスパイダーマンのウェブで打ち付けるって意味も含んでいるかもしれませんね。

6:Change of Plans

日本語訳:計画の変更

ミステリオ/ベックは、スパイダーマン/ピーター・パーカーから奪ったサングラスを使い、ピーターの友達の旅行の計画を変更していましたね。

7:Night Monkey Knows How to Do It

日本語訳:ナイトモンキーはその方法をしっている

黒いスパイダーマンの名前は、ネッドによって決まりましたね。ナイトモンキー!

8 :Mr. One Hundred and One

日本語訳:ミスター101

こんな名称出てきました?ちょっとわからないので、わかりましたら更新できたらとおもいます。

9:Prague Rocked

日本語訳:プラハ・ロック!

Pragueは、チェコ共和国の首都のプラハです。カーニバルが行われている中、炎のエレメンタルズが現れましたね。

10:Who’s Behind Those Foster Grants

日本語訳:これらの補助金の背後にいる者は?

fosterは一般動詞で「育成する・助長する」。grantは名詞で「奨学金」。foster grantで補助金と訳をしてみました。

旅行がなんどもアップグレードされていましたね、ニックが運転手を手配したり、プラハでスパイダーマンがオペラに招待したり、ミステリオはロンドン経由で帰るように仕向けましたね。

11:Power to the People

日本語訳:人々への力

意味が広すぎるので、わかりましたら更新できたらとおもいます。スパイダーマンが人々に対して使おうと思っている力のコトかもしれませんね。

12:Personal Hijinks

日本語訳:個人的なジンクス

Hijinksはjinxのことだと思います。ジンクスですね。

13:Praguenosis: BAD

日本語訳:プラハ:悪い出来事

辞書も引いてみましたが、わからない単語でした。英語でプラハは、Pragueです。スペルが似ていますね、Praguenosis。プラハ関係なのでしょうか。

プラハはチェコ共和国なので、チェコ語かスロヴァキア語なのかもしれませんね。



14:A Lot of ‘Splaining to Do

日本語訳:するべき、たくさんの説明

splainは一般動詞で、意味は説明する。このsplainのing形がsplainingになります。俗語のようですね。知らない単語が今回はタイトルに多いですね。

15:The Magical Mysterio Tour

日本語訳:魔法のミステリオツアー

ミステリオ/ベックが裏で糸を引いて、スパイダーマン/ピーターたちの友達の旅行・ツアーを操作していましたね。このサントラの曲調から、スパイダーマンとミステリオが闘っているときの音楽かもしれません。

スパイダーマンがニック・フューリーだと思い込んでついていったら、実はニック・フューリーはミステリオの見せていたホログラムで、騙されましたね。

16:Taking the Gullible Express/ Spidey Sensitive

日本語訳:騙されやすい快速電車に乗る/スパイダーマンの敏感さ

純粋なピーターは何度もミステリオに騙されてしまいましたね。スパイダーセンスが今回は終盤まで働いていなかったので、先読みなどが出来ずにぼこぼこにやられてしまったのでしょう。

今作では、スパイダーセンス(スパイダーマンが持っている第六感)の名前が変わっていましたね、英語でPeter Tingleでした。直訳すると、ピーターのうずうず、になります。劇中ではピータームズムズでしたね。

17:Gloom and Doom

日本語訳:憂鬱と破滅

gloom:憂鬱・暗闇
doom:破滅

この、doom(ドゥーム)って単語を聞くと、マーベル原作の映画『ファンタスティック・フォー』に登場する、ドクター・ドゥームを思い出しますね。

ちなみに、映画『ファンタスティック・フォー』には、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスがヒューマン・トーチ役で登場しているので、興味のある方は是非見てください。すごく面白いですよ!ヒーロー映画好きでしたら楽しめるはず!

18:High and Flighty

日本語訳:高くそして気まぐれな

高いフライト

Flightyは飛行機とかのFlight(フライト)と何か関係あるのかと辞書で引きましたが、意味は、(女性の)気まぐれ、と言った意味が出てきました。『女性の気まぐれ』という言葉からだと、MJを彷彿させると思います。

名詞にyをつけると、形容詞にすることが出来るので。名詞flight(飛行)の形容詞なのだと思います。

スパイダーマンがハッピーの操るクイン・ジェットから飛び降りるシーンのことを指しているのだと思います。ただ、『女性のきまぐれ』って意味もあるのも面白いですね。

19:An Internal Battle

日本語訳:内戦・内輪もめ

ミステリオの正体がわかり、ニック・フューリーとミステリオとの戦いも始まりましたね。

20:Happy Landings

日本語訳:ハッピーの到着

このハッピーは、形容詞の幸せではなく、名前のハッピーですね。アイアンマンの元ボディーガードのハッピー・ホーガンのことを指していると思います。

ミステリオが自分の正体を知っている、ピーターの友達を襲いましたね。フラッシュがハッピーに、『スパイダーマンの部下?』って質問してたのが面白かったです(笑)

21:Tower of Cower

日本語訳:すくんでしまう、タワー

タワー?ニック・フューリーたちがいたビルをタワーと指すのか、それとも、スパイダーマンとミステリオが闘った橋を指すのか。

22:Bridging the Trap

日本語訳:罠を仕掛ける

一般動詞のbridgeのing形です。bridgeで『橋を架ける』という意味があります。名詞のbridgeだと、『橋』になりますね。スパイダーマンが橋にウェブを巻き付けて、ドローンを絡みとったりしましたね。それを罠と言っているのかもしれませんね。

23:Bridge and Love’s Burning

日本語訳:橋そして愛の炎

スパイダーマンとMJの恋は実りましたね、キスまでしていて、見てるこっちが恥ずかしくなってきました。

24:Swinging Set

日本語訳:スイング・セット

スパイダーマンの飛んだりすることを、スイングともいいます。

25:And Now This…

日本語訳:そして、今はこれ…

最後に、スパイダーマンの正体は、ピーター・パーカーだとテレビのニュースで世界にばらされてしまいましたね。これから先どうなるのかワクワクしますね。

そして、テレビには、映画『スパイダーマン』でも登場した、新聞社のJ・ジョナ・ジェイムソンが!しかも、俳優は、映画『スパイダーマン』三部作でずっと、J・ジョナ・ジェイムソンを演じていた、J・K・シモンズでしたね。ファンは驚いたのではないでしょうか。



最後

映画を見た後に、サウンドトラックを聞きながら、タイトルの意味を考えるのは楽しいです。タイトルからどのシーンで使われていたサウンドトラックなのかを考えたりするだけで楽しいですね。

タイトルにどんな意味が含まれているのかを考えるのも楽しいです。

この記事が、読んでいただく方々の英語への興味や関心に繋がったり、英語が楽しく感じるキッカケになってほしいと思い、記事を書きました。
今後もこの気持ちで、英文を読み取ることでわかる心境や、心に響くかっこいい名言を探し紹介し、更に英語の勉強にもなるよう解説していきたいと思います。

関連記事

スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの記事はこちら

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!字幕からは分からない英語訳!

 

ネタバレ有『スパイダーマン/ファーフロムホーム』の名言で英語の文型を学ぼう!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告(6.28世界最速公開)

SPIDER-MAN: FAR FROM HOME – Official Trailer