【ネタバレ】映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』最後のワンダのセリフは意訳?その意味が分かると涙が…【名言・英語解説】

【ネタバレ】映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』最後のワンダのセリフは意訳?その意味が分かると涙が…【名言・英語解説】

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』より

原題『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』

 

 

ここから先には映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。

 

 

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

 

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の終盤、スカーレット・ウィッチが、別次元のワンダを襲うシーンがありました。そのとき別次元の変異体ワンダのある一言でスカーレット・ウィッチは暴走をやめます。

その一言が意訳されていました。その本当の意味が分かると、よりその言葉に込められたメッセージが伝わると思います。子を思う母の気持ち、ワンダの優しい気持ちが伝わってきます。

 

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』

変異体ワンダのセリフ

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 ネタバレ 映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 ネタバレ

別次元の変異体ワンダ(エリザベス・オルセン)

They’ll be loved.

字幕:私が愛します

訳 :子供たちは愛されているわ

 

※記事を最初公開したときは字幕を『子供たちを愛すわ』としていましたが、Twitterで字幕は『私が愛します』だったと教えてもらい編集しなおしました。

シーン:映画の終盤、変異体ワンダがスカーレット・ウィッチに『私が愛します』と伝えたシーンです。

しかし、英文を見てみると受動態(受け身)になっているのが分かります。これはとても面白い英文になっていて、同じ母親であるスカーレット・ウィッチに対しての、変異体ワンダの思いやりが含まれています。

 

これから英語の解説と共に、詳しく変異体ワンダの気持ちを紹介しますが、簡単にこの英文に込められた思いだけを紹介すると、このセリフ『They’ll be loved.』には『子供たちは私だけでなく、スカーレット・ウィッチ、あなたからも愛されているのよ』というメッセージが込められています。

ワンダが『母親が子供を愛する気持ち』、そして異世界のワンダに対して『私も同じ気持ちよ』と同情する気持ちも伝わってきます。

ちなみに予告を見直していたら、このシーンが写っていて驚きました。

 

能動態と受動態

字幕の『私が愛します』は能動態の文になっているので、目的語を補うと『私が子供たちを愛します』となるでしょう。そうなると字幕の日本語から英語に置き換えると、以下のような文になるでしょう。

・能動態

I will love them.

訳:私が子供たちを愛します

では、この能動態の文『I will love them.』を受動態に変えてみましょう。

・受動態

They will be loved by me.

訳:子供たちは私に愛されるわ

もとの英語では『They’ll be loved.』でしたね。『by me』の有無が違います。受動態では『by 行為者』の形で、それを誰が行ったかを表すことができます。

 

受動態の面白いところ!

『by 行為者』の部分は省略できる!なくてもいい!

例文を使って『by 行為者』の部分は省略できる!なくてもいい!というところの面白さを紹介します。

 

・例文

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 ネタバレ 映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 ネタバレ

・能動態

Bucky killed Tony’s parents.

訳:バッキーはトニーの両親を殺した。

・受動態

Tony’s parents were killed by Bucky.

訳:トニーの両親はバッキーによって殺された

どちらも同じ意味になりますね。では、受動態の英文から『by 行為者』をなくしてみましょう。

・受動態

Tony’s parents were killed.

訳:トニーの両親は殺された

どうでしょう?『by Bcuky』がある文とない文では、全然意味が違いますよね。バッキーの親友のスティーブ・ロジャースだったらどっちをトニーに対して言うと思いますか?真意を伝えないためにも『Tony’s parents were killed.』『トニーの両親は殺された』と言いたいのではないでしょうか?

 

変異体ワンダのセリフには『by 行為者』がない!

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』 ネタバレ

別次元の変異体ワンダ(エリザベス・オルセン)

They’ll be loved (by us).

字幕:私が愛します

訳 :子供たちは(私たちみんなに)愛されるわ

セリフには『by 行為者』がありませんでした。なので、おそらくなのですが『by us』『私たちによって』が省略されていて、あえて言わなかったのかもしれません。

この『us』には、変異体ワンダやスカーレット・ウィッチが含まれているのだと思います。そこには父親であるヴィジョンも含まれていてもおかしくありません。

字幕の『私が愛します』だと、そのセリフを言った変異体のワンダだけが子供を愛しているようなニュアンスになります。しかし、英文では受動態になっていて『子供たちはみんなから愛されている』とも解釈できます。つまり、『あなたからも愛されているのよ』というニュアンスも含んでいると考えられます。すごくいいセリフですよね。

 

最後に

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ キャプテン・カーター

『They’ll be loved.』には『by 行為者』がありませんでした。それがないことで『子供たちがみんなに愛されている』ということを、変異体ワンダが伝えているのではないでしょうか。だからスカーレット・ウィッチもこの言葉を聞いて、安心して手を引くことができたのだと思います。

受動態の表現であることから、変異体のワンダの『母親が子供を愛する気持ち』、そしてスカーレット・ウィッチに対して『私も同じ気持ちよ』と異世界ワンダの同情する気持ちも伝わり、涙しますね…

別の記事でもまた紹介しますが、この『They’ll be loved.』はサウンドトラックの曲名にもなっています。それだけ大切なメッセージだということが分かりますね。

 

これまで多くの『日本語からは分からない、英文から分かること』を紹介してきました。今回のセリフはその中でも上位に入る感動を含んだセリフでした。こういった違いに気付けたときに、英語を勉強してきて本当によかったと感じます。またこういった英語から分かる違いを見つけたら紹介したいと思います。

この記事を読んで、英語って楽しい!英語の勉強をしたくなった!って感じてもらえたら嬉しいです。

 

では、また英語解説の記事で会いましょう。

 

Twitterはこちら

@Ironman_English

記事の更新などのを告知をしています。フォローをよろしくお願いします。

 

YouTubeのチャンネルはこちら

アキラのアメコミ映画の英語解説

マーベルやスターウォーズの英語を解説しています。チャンネル登録をよろしくお願いします。

 

おススメの記事

【ネタバレ】映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』あの名言をまさかあのキャラが!?【名言・英語解説】

【サントラ】映画ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』サウンドトラックのタイトルを日本語訳・Part.1【小ネタ・解説】

【ドクター・ストレンジ】名言・名シーンまとめ!5選【英語解説あり】

 

 

 

参照動画:Marvel Studios’ Doctor Strange in the Multiverse of Madness | Official Trailer

https://youtu.be/aWzlQ2N6qqg

参照動画:「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」特別映像

https://youtu.be/G7kglI7eTm4

BD・DVD:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

https://marvel.disney.co.jp/movie.html

(参照2022/05/05)

映画関連カテゴリの最新記事