アベンジャーズ/エンドゲームの予告考察・キャプテンとブラック・ウィドウの名言・セリフより

アベンジャーズ/エンドゲームの予告考察・キャプテンとブラック・ウィドウの名言・セリフより

アベンジャーズ4の予告のアベンジャーズ/エンドゲームから分ることを考察していきます!

前回の記事で、トニーの考察を行ったので、今回はキャプテンとブラック・ウィドウの場面とセリフに焦点を当てて行きます。

ブラックウィドウのセリフ

Thanos did exactly what he said he was gonna do.

『サノスは、やる、と言った事をやり遂げたわ。』

 

サノスがインフィニティ・ウォーの最後で自分の家?に帰っていたシーンがありましたね。予告のシーンはそこの場所と同じように見えますね。

サノスはアーマーを脱いでしまっています、かかしのようになっていますね。

しかし、腕にインフィニティ・ガントレットをはめていますね。インフィニティ・ウォーでは最後ガントレットは半壊していましたね。着脱が出来なくなってしまったのでしょうか。

 

ブラック・ウィドウのセリフ

He wiped out 50% of all living creatures.

『彼は半分の生命体を消し去った。』

 

バナー博士が悲しんでいます、アベンジャーズの安否を確認しているようですね。

このシーンで、アントマンの写真にMISSINGと書いてあり、アベンジャーズはアントマンがサノスに消し去られたか、行方が分かっていないことがわかります。

ですが、アントマンは予告の最後に登場しますね!

アントマンの写真の隣には、ブラックパンサーの妹のシュリスパイダーマンも同様に映し出されています。

シュリはインフィニティ・ウォーでは、ハルクのバナー博士と同等・それ以上の知能を持ち合わせている様でしたね。

わざわざここで写しだしたという事は、アベンジャーズ/エンドゲームでは、シュリがキーパーソンになるのかもしれません。

 

キャプテンのセリフ

We lost all of us. We lost friends. We lost family. We lost a part of ourselves.

『何もかも失った、友達も、家族も、私たちの仲間も。』

 

This is the fight of our lives.

『これは、自分、みんなのための戦いだ。』

 

サノスの指ぱっちん、The Decimation(ザ・デシメーション)で、消されなかったメンバーが出てきますね。ネビュラソーに、前回登場することが無かった、ホークアイが登場しました。

ネビュラは惑星タイタンにて、アイアンマンと一緒にいたのですが、アイアンマンは予告から考えると、1人でいるので、ネビュラとアイアンマンは別れたのでしょうか。

それとも、予告のアイアンマンアベンジャーズ/エンドゲームの終盤の場面を流されていて、1人で決戦の後、地球に戻っているのかもしれません。

待望のホークアイですね!噂では、このホークアイはローニンなのではないか?と噂されていますね。

ホークアイと言ったら、なのにもかかわらず、を持っていますね。

加えて場所は日本の様ですね、残念ながら、日本で撮影はされていません。これはセットでの撮影だったようです。

足元に倒れているのは、日本の俳優の真田広之さんの様です。

ウルヴァリン: SAMURAIにも出演されていましたね。個人的には、映画LIFEの演技が良かったです。LIFEにはデッドプールもいますよ!

 

ブラック・ウィドウのセリフ

This is gonna work, Steve.

『始まるのね、スティーブ。』

 

キャプテンのセリフ

I know it is.

『わかってる。』

 

Because I don’t know what I’m gonna do if it doesn’t.』

『なぜなら、もしこの戦いが始まらなければ、私は何をしたらいいのかわからないから。』

『なぜなら、他の選択肢はない。』意訳した方がしっくりきますね。

 

ここのキャプテンは、映画『キャプテン・アメリカ・ウィンター・ソルジャー』のステルススーツを着用しています。

またこの姿を見ることが出来るとは!

さらに、前作のインフィニティ・ウォーでは、キャプテンは髭を生やしていましたが、髭をそった姿で登場していますね。

キャプテンとブラック・ウィドウのペアは 映画『キャプテン・アメリカ・ウィンター・ソルジャー』しっかり板について来ていますね。

 

 

以上のセリフの後に、予告ではアントマンが登場しますね。

今回の考察はここまでにしておきます。

今回の予告には一切アクションシーンがありませんね。雰囲気はずっと暗いままです。この後アントマンの登場によってかなり明るくなりますが、音楽も相まって暗い予告になっていますね。

これから先どう解決していくのか、公開が楽しみですね。

 

次回、アントマンたちのセリフも考察していきたいと思います。

 

 

英語の表現を解説したいと思います。

関係代名詞のwhat

Thanos did exactly what he said he was gonna do.

『サノスは、やる、と言った事をやり遂げたわ。』

 

what ~ ~なこと・もの

what he said he was gonna do

『彼がやると言ったこと』

と訳すことが出来ます。

例)This trailer is just what I want!

この予告がまさに私が欲しかったものだ!

 

be gonna 動詞の原形

Thanos did exactly what he said he was gonna do.

『サノスは、やる、と言った事をやり遂げたわ。』

This is gonna work, Steve.

『始まるのね、スティーブ。』

Because I don’t know what I’m gonna do if it doesn’t.』

『なぜなら、他の選択肢はない。』

 

be gonna は、be going toの短縮系になっています。

be going to ~するつもり。

will = be going toで覚えている方は多いと思いますが、

willはその場で決めたこと

be going toはあらかじめ決めていたこと

と若干の違いがあります、予告では、be gonnaを使っているので、彼らの行動することは、以前から心の中であった想い。だと言うことがわかりますね。

 

 

 

日本語字幕だけでなく、英語で内容を知ると、違った形で内容を知ることが出来て楽しいですね。この楽しさを多くの人と分かち合いたい。

 

「アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)」予告編

映画関連カテゴリの最新記事