スパイダーマンで学ぶ『もし、よろしければ』の言い方!

スパイダーマンで学ぶ『もし、よろしければ』の言い方!

使いやすいフレーズ 『もし、よろしければ』 ってなんて言う?

 

トニー・スタークが制作した、AIのジャービスとカレン

この2人の話し方は、とても丁寧で、それは日本語や日本語字幕からも受け取ることが出来ます。

 

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の冒頭でも、ジャービスの丁寧さは見受けられます。

ジャービス『スターク様に連絡を取らせてください』

ウルトロン『なぜ様をつけて呼ぶ?』

 

今回は、トニーの制作したカレンのセリフから丁寧な表現を学びたいと思います。

 

You Can Call Me Karen If You Would like.

『もし、よろしければ、私をカレンと呼んでもいいですよ。』

 

このセリフは

映画『スパイダーマン/ホームカミング』のカレンのセリフです。

ピーターがAIの名前をどうしよう?と悩んでいるときのものです。

 

中学英語でよく登場する『would like』が使われています。熟語だ!と覚えるより、表現の一種ととらえたほうが覚えやすいと思います。

 

if you would likeの使い方

意味:もしよければ、もしあなたが望むなら

 

“if”は、接続詞で『もし~なら』

“you would like”は、『あなたが望む』

 

これをくっ付けて、”if you would like”で『もしあなたが望むなら』になります。

『したいなら!』って使ってしまっても大丈夫です。

 

例)

キャプテンのセリフ

Hulk! You can smash if you would like.

『ハルク!暴れたいなら、暴れてこい!』

キャプテンだと丁寧なのが合いますね。

 

スターロードのセリフ

You can call me Star-Lord if you would like!

『スターロードって呼びたいなら、呼んでいいよ!』

スターロードが使うと、ちょっと煽ってそう…

 

“would like” と “want” の違い

“you would like”を、『あなたが望む』と訳すと、”you want”の『あなたが望む』と何か関係があるのか?

と考える人がいると思います。

 

“would like”は、”want”の丁寧版と覚えると良いです。

なので、AIのカレンは”if you want”を使っていない点から、丁寧なしゃべり方をしているのがわかります。

 

丁寧版

You Can Call Me Karen If You Would like.

もし、よろしければ、私をカレンと呼んでもいいですよ。』

 

通常版

You Can Call Me Karen If You Want.

呼びたいなら、私をカレンと呼んでもいいですよ。』

 

 

よく英会話の表現として紹介される

“Would you like ~?”で、『~はいかがですか?』を熟語として覚えているかもしれませんが、”would like”を”want”に変えてみると

“Do you want ~?”は『~は欲しいですか?』をちょっと丁寧にしたら、『~はいかがですか?』になりますね。

 

例)

スターロードのセリフ

You eat me, if you want!

『食いたいなら、俺のこと食ってみろよ!』

 

注意点!

“would like”は助動詞の”would”を使っているので、助動詞の文法

“want”は一般動詞なので、一般動詞の文法

文法が違うのでその点は注意しましょう!

 

丁寧な表現

英語にはいくつか同じ意味だよ。と習ったものがあったと思います。

会話表現での、『~してくれますか?』は”Can you ~?”と”Could you ~?”がありますね。

“Could you”は、”Can you”の丁寧版と覚えると良いです。

 

ちなみに、ニュアンスの違いがありますが、

『~してくれますか?』の”Will you ~?”と”Would you ~?”も同様に

“Would you”は、”Will you”の丁寧版と覚えると良いです。

 

実は、助動詞を過去形にすると、丁寧になるんです。

現在形の”can”を、過去形の”could”にする配慮が、丁寧になっているんだと考えると良いでしょう。

 

まとめ

トニーによって作られた、AIのカレンは

You Can Call Me Karen If You Would like.

『もし、よければ、私をカレンと呼んでもいいですよ。』

と、”would like”をしっかり使って、丁寧な表現を使っていますね。

 

映画を見た方は、カレンのセリフの日本語字幕を見ると、とっても丁寧な印象を受けたと思いますが、英語でもしっかり丁寧な表現になっています。

加えて、日本語音声がとても知的で、丁寧で良かったですね。

ピーターとカレンのやりとりが可愛くて、青春映画感を感じました。

ジャービスの声がとても好きなので、ジャービスが何らかの形で復活してほしい…

 

好きな映画をきっかけに、英語の丁寧な表現を知っていってもらえたらと思います。

 

映画『スパイダーマン/ホームカミング』を見ていたら、他にもカッコいいセリフがあったので、また紹介したいと思います。

 

 

SPIDER-MAN: HOMECOMING – Official International Trailer (HD)

(参照2019/02/12)