【サントラ】映画ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』サウンドトラックのタイトルを日本語訳・Part.2【小ネタ・解説】

【サントラ】映画ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』サウンドトラックのタイトルを日本語訳・Part.2【小ネタ・解説】

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』より

原題『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』

 

 

ここから先には映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。

 

 

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

 

はじめに

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のサウンドトラックに収録された曲のタイトルとその日本語訳をまとめていきます。また、映画の小ネタや簡単な英語の解説を交えて紹介していきます。

曲数は合計32曲になります。Part.1~3の合計3つの記事に分けてまとめていきます。この記事では11曲目から20曲目を解説します。

Part.1はこちら Part.3はこちら

 

音楽:ダニー・エルフマン(Danny Elfman)

ダニー・エルフマン氏はMCUとマーベル作品に多く携わっています。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

『スパイダーマン』

『スパイダーマン2』

『ハルク』

マーベルに限らずDCコミック作品などにも携わっています。映画名を見たら『ああ!この人か!』となるでしょう。

『バットマン』

『ジャスティス・リーグ』

『メン・イン・ブラック』

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』

『チャーリーとチョコレート工場』など

 

タイトルと日本語訳

No. タイトル 日本語訳
11 A Cup of Tea  一杯の紅茶
12 Discovering America  アメリカを発見する
13 Grab My Hand  私の手を掴む
14 Battle Time  戦いの時
15 Not a Monster  モンスターではない
16 Forbidden Ground  禁忌の場所
17 Tribunal  法廷
18 They’re Not Coming Back  彼らは戻ってこない
19 Stranger Things Will Happen  奇妙なことが起こる
20 Buying Time  時間稼ぎ

 

小ネタ・解説

11. A Cup of Tea 一杯の紅茶

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

『一杯のお茶』とは、別次元のモルドがストレンジとアメリカ・チャベスを眠らせたときのお茶を指しているのでしょう。

ドクター・ストレンジでお茶がでたらもう何か入ってるんじゃ?って思っちゃいますね。映画『ドクター・ストレンジ』でもエンシェント・ワンがお茶を出すシーンがあり、それを飲んだストレンジが驚きます。エンシェント・ワンが『少し蜂蜜を入れたのよ』といいましたね。これは来る次回作でもお茶のシーンがあること間違いないですね。

 

12. Discovering America アメリカを発見する

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

曲名にもなっている『discover』は『(偶然に、探検で)発見する』『物事に気付く、分かる』といった意味です。似た動詞の『find』よりちょっと堅い言葉です。

スカーレット・ウィッチがアメリカ・チャベスを見つけたことを指しているのでしょうか。

 

13. Grab My Hand 私の手を掴む

『私の手を掴む』とありますが、どこか手を掴むシーンありましたっけ?

タイトルの『Grab My Hand』は映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』で使われたセリフでもあります。列車から落ちそうになったバッキーを拾い上げようと、キャプテンが『手を掴め!』という意味でこのセリフを言いました。

今作でも似たようなシーンがありましたっけ?

 

14. Battle Time 戦いの時

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

終始戦っているシーンが多い映画でしたね。サントラの順番的にワンダVSイルミナティを指しているのでしょう。

ワンダが強すぎるが故か、期待していたイルミナティが一瞬でやられてしまって…しかもやられ方がグロい…

 

15. Not a Monster モンスターではない

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

スカーレット・ウィッチのことを『モンスター』と形容していました。この曲名は『彼女はモンスターではなく、1人の母親だ』ということを表しているのではないでしょうか。

 

16. Forbidden Ground 禁忌の場所

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

禁じられた場所、となるとスカーレット・ウィッチがウォンに連れて行かせた山を指しているのでしょう。

ドラマ『ワンダヴィジョン』で、ワンダがアガサから得たダークホールド(禁断の書)はコピーであり、その原本が山にある遺跡の壁に記されていました。

 

17. Tribunal 法廷

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

イルミナティがストレンジの処遇を決めるシーンがありました。あの場所が法廷なのでしょう。

日本版の予告にはないですが、海外版の予告にはがっつりイルミナティのチャールズやキャプテン・カーターの存在が分かってしまうシーンがありました。

 

18. They’re Not Coming Back 彼らは戻ってこない

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

おそらくこの『They’re Not Coming Back』『彼らは戻ってこない』の『They』は『ワンダの子供たち』を指しているのではないでしょうか。この曲名はサントラの曲名によく見られるセリフが曲名になっているパターンだと思います。ブルーレイなどが手に入ったら、セリフがあるか確認したいですね。

 

19. Stranger Things Will Happen 奇妙なことが起こる

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

ドクター・ストレンジの『Strange』、その比較級の『Stranger』が曲名になっていますね。

奇妙なことだらけの映画だったので何を指しているのかさっぱりですね。ウォンがスカーレット・ウィッチを連れて行った禁足地たる山でこのセリフを言っていたような…

 

20. Buying Time 時間稼ぎ

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ サントラ

ヴィシャンティの本を取りに行こうとするドクター・ストレンジ一行をスカーレット・ウィッチが追う場面がありました。そのときに通っていた洞窟の上が川だったので、ストレンジは洞窟の上部を破壊して川の水を流すことでワンダの足止め、『Buying Time』『時間稼ぎ』をしていました。敵がスカーレット・ウィッチだからかやることが派手というか、殺そうとしてますよね。

 

おわり

ドクター・ストレンジ/ マルチバース・オブ・マッドネス ネタバレ キャプテン・カーター

18曲目『They’re Not Coming Back』『彼らは戻ってこない』の彼らは誰なのでしょうか?おそらくワンダの子供たちのことを指しているのだと思います。Part.3で紹介する曲に『They』が含まれているものがあるのですが、その『They』は『子供たち』を指しているのは間違いないので、曲名の中で子供たちに重きを置いているのが分かりますね。

また、『Children』『子供たち』と直接的な単語を使っていないのもちょっと面白いですね。あえて口に出さない、それもまたいいですね。

 

今回は32曲中の11~20曲目までを解説しました。後日続きの記事を公開していきたいと思います。

Part.1はこちら Part.3はこちら

 

関連記事

【ネタバレ】映画ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』最後のワンダのセリフは意訳?その意味が分かると涙が…【名言・英語解説】

【ネタバレ】映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』あの名言をまさかあのキャラが!?【名言・英語解説】

【MCU・SSU】マーベル映画のサウンドトラック・挿入歌まとめ【随時更新】

 

 

 

参照:Marvel Studios’ Doctor Strange in the Multiverse of Madness | Official Teaser

https://youtu.be/Rt_UqUm38BI

参照:Marvel Studios’ Doctor Strange in the Multiverse of Madness | Official Trailer

https://youtu.be/aWzlQ2N6qqg

参照:Marvel Studios’ Doctor Strange in the Multiverse of Madness | Change

https://youtu.be/__Gugj6R8F0

(参照2022/05/04)

映画関連カテゴリの最新記事