【サントラ】映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サウンドトラックのタイトルを日本語訳・Part.1【小ネタ・解説】

【サントラ】映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サウンドトラックのタイトルを日本語訳・Part.1【小ネタ・解説】

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)より

原題『Avengers: Infinity War』

 

 

ここから先には映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

 

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

 

はじめに

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のサウンドトラックに収録された曲のタイトルとその日本語訳をまとめていきます。また、映画の小ネタや簡単な英語の解説を交えて紹介していきます。

曲数が計30曲もあるので、Part.1~3の合計3つの記事に分けてまとめていきます。こちらの記事はPart.1になるので1~10曲目までを紹介していきます。

Part.2はこちら Part.3はこちら

 

音楽:アラン・シルヴェストリ(Alan Silvestri)

アラン・シルヴェストリ氏はMCUの作品に多く携わっています。フェーズ1~3の間では以下の通りです。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

『アベンジャーズ』

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』

また、MCUに限らず多くの映画に携わっています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなどの音楽も手掛けています。

 

タイトルと日本語訳

No. タイトル 日本語訳
1 The Avengers アベンジャーズ
2 Travel Delays (Extended) 運行の遅れ、旅の遅れ
3 Undying Fidelity 不滅の忠誠
4 No More Surprises これ以上のサプライズはなしだ
5 He Won’t Come Out (Extended) ハルクが出てこない
6 Field Trip 課外授業
7 Wake Him Up 彼(ソー)を起こせ
8 We Both Made Promises (Extended) 2人の約束
9 Help Arrives (Extended) 援軍到着
10 Hand Means Stop/You Go Right (Extended) 手は止まれを意味する / お前たちは右にいくんだ

いくつかのタイトルに(Extended)と書いてありますね。『拡大、延長』という意味なので、ロング・バージョンだと考えてください。英語の解説を加えると、extend(拡大する)の過去分詞形になります。

 

小ネタ・解説

1. The Avengers アベンジャーズ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

タイトルが『The Avengers』ですね。

『インフィニティ・サーガ』と呼ばれるフェーズ1~3の間で『Avengers』という単語を含む曲はいくつかあります。

映画『アベンジャーズ』

・The Avengers ※こちらが今回の曲のアレンジ元で、同じタイトルです。

 

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

・Avengers: Age Of Ultron Title

・Avengers Unite

・New Avengers – Avengers: Age Of Ultron

 

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』

なし

記事を書いている過程でタイトルを調べていて驚いたのが、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』には『Avengers』という単語を含む曲が1曲もなかったことです。

 

2. Travel Delays (Extended) 運行の遅れ、旅の遅れ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

『Travel Delays』には『輸送・運行・旅の遅れ』といった意味があります。

この曲は、サノス一行がソーたちを襲ったシーンで流れている曲になります。

このTravel(輸送・運行・旅)というのはサノスたちの『インフィニティ・ストーン集めの旅』のことで、ソーたちと出会って戦ったことで旅が遅れてしまったことを暗示しているのかもしれません。または、ソーたちアスガルドの民の移民の遅れを指しているのかもしれませんね。

 

3. Undying Fidelity 不滅の忠誠

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

このタイトル『Undying Fidelity』『不滅の忠誠』はロキがサノスに言ったセリフです。ロキはこのセリフを口にしてサノスをナイフで殺そうと企てますが、サノスにはそれが見透されており、逆にロキは殺されてしまいます。

このように、劇中のセリフがそのまま曲のタイトルになることが時々あります。

 

4. No More Surprises これ以上のサプライズはなしだ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

このタイトル『No More Surprises』はトニーがペッパーに言ったセリフです。2人が公園で、トニーが見た子供が生まれた妙にリアルな夢の話をしているときです。

余談ですが、このセリフ『No More Surprises』はトニーの口癖なのかもしれません。このシーンでトニーはこのセリフを2度言います。

さらに映画『アベンジャーズ』でも、バナー博士にちょっかいを出したときに『No Surprises』と、ほぼ同じセリフを言います。また映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』でも、トニーが宇宙で漂流しているときに撮ったビデオメッセージの中に『No More Surprises』というセリフがあります。

劇中のセリフがそのまま曲のタイトルになることがあると先ほど言いましたが、早速その例が出てきましたね。

 

5. He Won’t Come Out (Extended) ハルクが出てこない

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

このタイトル『He Won’t Come Out』『ハルクが出てこない』はバナー博士がトニーに言ったセリフです。トニーが『ハルクに変身できないのか』と聞き、バナー博士が『彼が出てこないんだ』と返します。

 

6. Field Trip 課外授業

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

このタイトル『Field Trip』『課外授業』はスパイダーマンがアイアンマンに言ったセリフです。エボニー・マウたちとの戦闘中に、颯爽と現れたスパイダーマン。それに対してトニーが『どこから来た?』と聞き、ピーターが『A field trip to MoMA.』『モマの課外授業だよ』と返します。

※MoMA(The Museum of Moden Art)

 

7. Wake Him Up 彼(ソー)を起こせ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

このタイトル『Wake Him Up』『彼(ソー)を起こせ』はスター・ロードがマンティスに言ったセリフです。宇宙を漂流していたソーをガーディアンズ一行が見つけたときのセリフです。

 

英語の解説

『get up』と『wake up』の違い

get up:起きる

wake up:目覚める

詳しくはこちら

 

8. We Both Made Promises (Extended) 2人の約束

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

このタイトル『We Both Made Promises』はワンダがヴィジョンに言ったセリフです。字幕では『2人とも誓ったでしょ』となっていました。

人の眼から隠れ、スコットランドで過ごしていたワンダとヴィジョン。彼らが2人きりでいるときの会話です。この後、サノスの子たちであるブラック・オーダーの2人、プロキシマ・ミッドナイトとコーヴァス・グレイヴに襲われます。

 

9. Help Arrives (Extended) 援軍到着

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

ワンダとヴィジョンがブラック・オーダーの2人に襲われて窮地に立たされていたとき、キャプテン・アメリカが救助に現れたときの音楽になります。キャップが本当にカッコいいんですよね。

初めてこのシーンを見たときのことを今でも覚えています。最強の一角であるヴィジョンが圧されてしまい、不安な気持ちだったのですが、キャップが駆けつけて、なおかつこのBGMです。安心の一言です。

この『Help Arrives』はアレンジ曲です。アベンジャーズのテーマとして認識されているであろう、映画『アベンジャーズ』で生まれた曲『The Avengers』がアレンジ元になっています。

これまでは曲のタイトルがセリフと同じものが多かったですが、こちらはその状況を示すタイトルになっています。

 

10. Hand Means Stop/You Go Right (Extended) 手は止まれを意味する / お前たちは右にいくんだ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

このタイトルの前半『Hand Means Stop』はサノスを追ってノーウェアに着いたときに、スター・ロードが仲間に向けて示したジェスチャーを指しています。スター・ロードは『手を握って止まれ』と指示しますが、仲間たちは無視します。

タイトルの後半『You Go Right』はスター・ロードがガモーラとマンティスに言ったセリフです。『右から行くんだ』と指示しますが、これも2人とも無視します。ガーディアンズらしいシーンですよね。

このタイトルは珍しくシーンの説明とセリフ両方が由来となっています。現段階だと初めての例ですね。またタイトルに『/(スラッシュ)』が入っているのも珍しいですね。この映画のサントラではもう1曲『/(スラッシュ)』が入る曲名があります。

 

英語の解説

三人称単数現在のs

Hand means stop.:手は止まれを意味する

主語のhandが三人称単数なので、動詞にsがついています。こういう細かいところも毎回意識したいですね。

 

おわり

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー サントラ 日本語訳 サウンドトラック 音楽

これまでいくつかサントラの記事を作ってきましたが、これほどセリフそのものが曲のタイトルになっている作品はなかったと思います。記事をまとめていて面白かったです。まだ残っている曲も、セリフが元になっているものが多い印象を受けます。

記事を作る過程で、トニーの口癖に『No More Surprise』があることや、意外と『Avengers』と名がついた曲が多くないことに気付けて楽しかったです。

 

今回は30曲中の1~10曲目を解説しました。他の記事へのリンクはこちらです。

Part.2はこちら Part.3はこちら

 

これまでに色んなMCUのサントラの記事を作っているので、サントラが好きな人はぜひ読んでみてください。MCUのサントラ事情は面白くて、フェーズによって特徴があるんです。下にリンクを張っておくのでぜひとも!

それではまた次の記事で会いましょう!

 

関連記事

【MCU・SSU】マーベル映画のサウンドトラック・挿入歌まとめ【随時更新】

【サウンドトラック】マーベルの作曲家で見る映画【フェーズ1】

【サントラ】映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』サウンドトラックのタイトルを日本語訳【小ネタ・解説】

 

 

 

DVD・BD:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

https://marvel.disney.co.jp/movie.html

(参照2022/04/13)

映画関連カテゴリの最新記事