【ネットミーム】Bully Maguire(ブリー・マグワイア)のネタまとめPart.1【英語解説】

【ネットミーム】Bully Maguire(ブリー・マグワイア)のネタまとめPart.1【英語解説】

海外で人気なインターネット・ミームのBully Maguire(ブリー・マグワイア)を詳しく紹介&解説していきます。

インターネット・ミーム(MEME)とは、ネット上で人気になっているネタのことです。

 

ブリー・マグワイアって?(Bully Maguire)

ネットミーム Bully Maguire ブリー・マグワイア スパイダーマン

このブリー・マグワイア(Bully Maguire)とは、サム・ライミ監督の映画『スパイダーマン』シリーズのスパイダーマン役であるトビー・マグワイア(Tobey Maguire)のことで、主に映画『スパイダーマン3』で、闇堕ち?してしまったピーター・パーカー/スパイダーマンのことを指しています。

映画『スパイダーマン3』では、ピーター・パーカー/スパイダーマンが宇宙から飛来したシンビオートに寄生され、性格が攻撃的になって、悪に染まってしまいます。ネットでは、悪に染まって真っ黒なスーツを着てダンスをするシーンが、本当によくネタとして使われています。

 

ブリー・マグワイアの意味は?

Bully Maguire(ブリー・マグワイア)

意味:いじめっ子 マグワイア

Bully Maguireは、俳優のトビー・マグワイア(Tobey Maguire)のTobeyをBullyに変えたものになります。

そして『bully』は『いじめっ子』という意味です。

シンビオートに寄生されて性格が変わり、悪に染まってしまったスパイダーマン。ネットのネタ動画では周りの人間に危害を加えるといったシーンが多く作られています。そういった様が『いじめっ子』と重なっているのでしょう。

 

名台詞

1.I’m gonna put some dirt in your eye.『思い知らせてやる』

ネットミーム Bully Maguire ブリー・マグワイア スパイダーマン

映画『スパイダーマン3』より

I’m gonna put some dirt in your eye.

字幕:思い知らせてやる

訳 :目にもの見せてやる

直訳すると『お前の眼に泥を入れてやる』となります。

『お前の眼に泥を入れる』ということは、悪意のある行為そのものですよね。日本語の『目にもの見せてやる』と同様の意味だと考えていいでしょう。

この言い回し『put some dirt in your eye』は、特に英語の熟語などであるわけではないようです。この映画『スパイダーマン3』でピーターが作ったセリフだと思います。海外でも『このセリフってどういう意味なの?』と疑問を抱く方は多いようで、そういうものって解釈しているようです。

おそらくブリー・マグワイアのネットミームの中で一番使われるセリフだと思います。

 

ネットミームとしては、戦いの前、これから何かする前に使われます。

 

2.Stings, doesn’t it?『痛かったか?』

ネットミーム Bully Maguire ブリー・マグワイア スパイダーマン

映画『スパイダーマン3』より

Stings, doesn’t it?

字幕:痛かったか?

訳 :(ガラスが)刺さっちゃったかな?

ピーターが親友のハリーを窓にぶん投げて、ガラスが散乱しているときにこのセリフを言いました。動詞『sting』の意味は『刺さる』です。

セリフは『(It) Stings, doesn’t it?』で『それ(ガラス)が突き刺さったかな?』って意味になります。『Stings』と一般動詞『sting』に『s』がついているのが、主語が3人称単数である証拠です。なので『It』が省略されているのが分かりますね。加えて『doesn’t it』は付加疑問文ですね。

 

ネットミームとしては、相手に攻撃をしたときに使われます。字幕のように『あれ?もしかして痛かったかな?』って感じで使えます。うーん、嫌味ったらしい!

 

3.That all you got?『それだけか?』

ネットミーム Bully Maguire ブリー・マグワイア スパイダーマン

映画『スパイダーマン3』より

That all you got?

字幕:それだけか?

訳 :それで精一杯か?

ハリーと戦っているときに言ったセリフです。

セリフは省略が起きており、元の英語は『Is that all (that) you got?』となります。先行詞の『all』を関係代名詞『(that) you got』が修飾しています。

『Is that all (that) you got?』を直訳すると『それがお前の持っているものの全部か?』となります。ニュアンスとしては『それが全力か?精一杯なのか?』といった感じです。

似た表現を紹介すると、映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でソーがウルトロンに言った『Is that the best (that) you can do?』ですね。字幕では『その程度か?』となっていました。直訳すると『それがお前のできる全力か?』となります。

 

ネットミームとしては、戦いの最中に攻撃されたときに使われます。やせ我慢にも使えるフレーズですね。

 

4.Look at little Goblin Junior. Gonna cry?『ゴブリン・ジュニアが泣きそうだ』

ネットミーム Bully Maguire ブリー・マグワイア スパイダーマン

映画『スパイダーマン3』より

Look at little Goblin Junior. Gonna cry?

字幕:ゴブリン・ジュニアが泣きそうだ

訳 :かわいそうなゴブリン・ジュニアを見てくれよ 泣くのかい?

『Look at little Goblin Junior.』が、そこにはいないはずの聴衆がいるていで、『ほらみんな見てみろよ あのゴブリン・ジュニアだぜ』と言ってる感じがしますね。煽っています。さらに追い打ちをかけるように『(Are you) Gonna cry?』『泣いちゃうの?』と責め立てています。

日本語も英語も『泣くのか?』って煽るのは同じなんですね。

 

ネットミームとしては、戦いの前だったり、最中だったり、何かした後と、使われる場面は多岐にわたります。煽り文句としては間違いないといったところです。

 

5.Good riddance.『せいせいした』

ネットミーム Bully Maguire ブリー・マグワイア スパイダーマン

映画『スパイダーマン3』より

Good riddance.

字幕:せいせいした

訳 :いい厄介払いができた

『Good riddance.』の意味は『清々した、厄介払いができた』となります。ムカつく奴がいなくなったりしたときに言うフレーズです。嫌味っぽいので多用は厳禁です。

このセリフはピーターがサンドマンを倒したときに言いました。ピーターはベンおじさんの仇を撃ったわけなので、このセリフを言う気持ちは分かります。

『riddance』は名詞で『除去、厄介払い』といった意味があります。発音はカタカナで表記すると『リダンス』になります。

 

ネットミームとしては、敵を倒したとき、相手が痛い目を見たときに使われます。勝ったときのフレーズでもあります。

 

最後に

ネットミーム Bully Maguire ブリー・マグワイア スパイダーマン

いかがでしたでしょうか。ブリー・マグワイアのネットミームで使われるセリフの解説になりました。他にもネットミームとして使われているセリフはあるので、また別の記事で紹介したいと思います。

今回紹介したのは、ネットミームの中でもたびたび使われるモノだと思います。日本の方でも海外のブリー・マグワイアの動画を見る方は多いと思います。せっかくなので、使われている英語のセリフの意味を分からないでいるより、分かったほうが楽しいですし、英語の勉強にもなると思います。

 

オススメ記事

【スパイダーマン】『一人にしてくれ』は英語で何と言う?第5文型を解説【マーベル映画のセリフで英語の問題】

【スパイダーマン】『~に違いない』は英語で何と言う?助動詞について解説【マーベル映画のセリフで英語の問題】

【名シーン・名言紹介】記憶に残るセリフには『everything』をよく使う?前編【英語解説】

 

 

 

DVD・BD:スパイダーマン

DVD・BD:スパイダーマン3

https://www.sonypictures.com/

(参照2022/05/24)

名言・名シーンカテゴリの最新記事