映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!字幕からは分からない英語訳!その2!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!字幕からは分からない英語訳!その2!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告(6.28世界最速公開)より

原題『Spider-Man: Far From Home』(2019年)    

 

ネタバレありネタバレありネタバレあり

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見た方は今回の記事を見てください。

内容は映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ですが、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の内容に触れています。

ネタバレありネタバレありネタバレあり

 

今回の記事は予告の英文を1つ1つ解説しつつ、考察します。

予告の日本語字幕と直訳ではどういった違いがあるのか?間違った意味になっていないか?などを見ていきましょう!

今回は前回の記事の続きになります、前の記事はこちら。

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告を日本語訳!字幕からは分からない英語訳!

 

 

 

 

 

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告より、ニックからの電話

 

ハッピーのセリフ

Heads up.

Nick Fury’s calling.

字幕:ニック・フューリーから電話がくるぞ。

直訳:言っておくぞ、ニック・フューリーが電話をかけてるぞ。

 

2つのセリフで、1つのセリフになっています。

 

英語の解説・単語・熟語など

・熟語Heads up

意味:忠告するぞ、警告するぞ

直訳して、『頭をあげろ』って意味から『頭をあげて気を付けろ』って意味になり、『忠告するぞ』って意味になりました。

相手が1人でも複数形の名詞のHeadsになります。Head upにはしないのでちょっと注意です。慣用的なものです。

 

・口語表現

Fury’sはFury isの短縮になっています。なので、ここは現在進行形の文になっており。

Nick Fury is calling.となっています。

このisを短縮するのは学校とかでは習わないので、口語的です、映画とかだと時々見るので覚えておきましょう!

 

 

 

スパイダーマンのセリフ

I don’t really want to talk to Nick Fury.

字幕:彼と話したくない

直訳:僕はニック・フューリーと本当に話したくないんだ。

 

このセリフはどういった意味なのか。なぜ話したくないのだろう。

・アベンジャーズの仕事をしたくない。

・夏休みの邪魔をされたくない。

・トニーを思い出すキッカケになる。

 

英語の解説・単語・熟語など

・副詞のreally

副詞のreallyが一般動詞のwantを修飾しているので、一般動詞の前に配置されています。

副詞の位置は単語によっても変わるので、文を見たとき見たとき意識しましょう!

 

 

      

ハッピーのセリフ

Answer your phone.

字幕:ダメだ

直訳:自分の電話にでなさい

 

スパイダーマンのセリフ

Why?

字幕:何で?

直訳:なぜ?

 

ハッピーのセリフは字幕と直訳で違いますが、前後の流れを考えると違和感がありませんね。テンポ重視な訳ですね。

 

英語の解説・単語・熟語など

・動詞から始まる命令文

Answer your phone.

この文は一般動詞のanswerから文を始めることで命令文の文法になっていますね。命令文は必ず命令口調になる訳ではないので、会話をしている人同士の関係を見て訳を決めると良いでしょう。

ハッピーからスパイダーマンだったらちょっと命令口調な部分が強いですね。

 

 

 

  

ハッピーのセリフ

Because if you don’t talk to him, then I have to talk to him.

直訳:なぜなら、もしお前が話さなかったら、私が彼と話さなければいけないだろ。

 

I don’t want to talk to him.

直訳:私は彼と話したくない。

 

2つの文で

字幕:私が話すことになるだろ!

 

字幕からでも伝わりますが、ハッピーはフューリーと話したくないのがよくわかりますね(笑)英文を読むと、しっかりと『話したくない』と明言しています。

 

英語の解説・単語・熟語など

・疑問詞whyの疑問文

疑問詞のwhyの疑問文には、Becauseで答えるのが基本です。例にもれずBecauseで答えてますね。

 

・wantと不定詞・動名詞

一般動詞のwantは不定詞を目的語にとりますが、動名詞は取れません。

不定詞:want to talk

動名詞:want talking

動名詞のものは作れません、一般動詞wantは未来的な意味を持っているので、未来のイメージを持つ不定詞を使います。一方動名詞は過去のイメージを持っています。

 

 

ハッピーのセリフ

You sent Nick Fury to voicemail?

字幕:留守電にしたな?

直訳:お前はニック・フューリーをボイスメールに送ったな?

 

英語の解説・単語・熟語など

・名詞のvoicemail

意味はそのままボイスメールで、音声のメールですね。いわゆる留守電サービスですね。

初めて知りました、でもそのままなので覚えやすいですね!

 

 

   

スパイダーマンのセリフ

I gotta go.

字幕:行かなきゃ

直訳:僕は行かなければいけない

 

スパイダーマンすごく嫌がってますね

 

英語の解説・単語・熟語など

・口語のgotta

have toの短縮形

have toの意味:~しなければならない

こういった口語的な表現はスパイダーマンの映画でよく見られます。若者言葉な印象もあるので、高校生が主役の映画なんだな、という印象を受けます。

 

 

ハッピーのセリフ

You do not ghost Nick Fury.

字幕:ニック・フューリーからは逃げられんぞ

直訳:お前はニック・フューリーと連絡を一切取らないってことは出来ないぞ!

意訳:フューリーと連絡を取るんだぞ!

 

字幕と直訳・意訳を比べると違いがありますが、字幕の『逃げられない』って表現いいですね!フューリーが嫌な存在感が増します

 

英語の解説・単語・熟語など

・スラングの一般動詞ghost

意味:連絡を一切取らない

元々は、名詞のゴースト、おばけです。

お化けの様に、消える⇒関係が消える⇒連絡を取らない

 

 

最後に

今回はここまでです。予告が長いため作るのに時間を要するのでちょっとずつ作っていきます。ハッピーとスパイダーマンがフューリーと連絡を取りたくないのがひしひしと伝わってきますね(笑)

英語を文章におこしていくと、いろいろ気づくことがあり、今までの予告や前作の本編などを見ていると、口語やスラングが多い印象がありますね。高校生青春映画って感じがします、字幕だけとかだとわからない部分なので、英語を日本語訳するのも楽しいですね。訳していく中で初めて知るスラングもあり、勉強になります。

 

それでは、また続きの記事が出来次第公開したいと思います。お楽しみに!

 

 

おまけ・携帯の画面に注目

ニック・フューリーからの電話のはずなのに、携帯の画面には『Unknown』(誰かわからない)と表示されています。

なぜ、ハッピーは相手がフューリーと分かったのか?予告からは断定が出来ませんね。単純にスパイダーマンとフューリーが連絡先を交換してないだけか。

 

 

過去の関連記事

スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの記事はこちら

〇スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの予告を徹底解説!時系列は?

スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの予告を徹底解説!時系列は?

 

〇スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの予告の日本語訳!台詞には、映画『スパイダーマン2』のあの言葉も登場!

スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの予告の日本語訳!台詞には、映画『スパイダーマン2』のあの言葉も登場!

 

〇スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの予告の日本語訳!

スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの予告の日本語訳!

 

 

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告(6.28世界最速公開)

(参照2019/05/09)