【MCU】映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の名シーン5選!名言・名セリフまとめ【英語解説】

【MCU】映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の名シーン5選!名言・名セリフまとめ【英語解説】

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズのフェーズ3の7作品目に当たる映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』に続くこの作品は最後がヒーローが敗れるという形で終わりました。

今回はこの映画の名言と名シーンを紹介します。

セリフについては、日本語字幕・元の英語・日本語訳を紹介していきます。

 

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より

1.サノス

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 名言 名シーン

サノス(ジョシュ・ブローリン)

You’re not the only one cursed with knowledge.

字幕:お前も知識に呪われた男

訳 :お前だけが知識に呪われた者ではない

 

アイアンマン / トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)

My only curse is you.

字幕:呪いはお前だ

訳 :私の呪いはお前だ

シーン:サノスとアイアンマンが戦うシーンです。とても印象的なセリフでしたね。

サノスの言う『知識に呪われる』というのは、『知識や才能があることで、先を読めるからこその苦悩』を指しているのでしょう。

サノスは資源に限りがあることを知り、その先を考えて増えすぎた生命を半分にするという苦渋の決断をします。先見の明を持ったことで、苦渋の決断を強いられるというのが『呪い』なのでしょう。

トニーもアイアンマンとなり、アベンジャーズとして活動を始め、先々のことを考えるようになります。その先見の明により、トニーは侵略者から地球を守るためにウルトロンを生み出します。しかしその結果は…

このようにサノスとアイアンマンは同じ『知識に呪われた存在』なのです。

 

英語の解説

分詞の過去分詞

作り方:動詞の過去分詞+目的語など

意味 :~された

You’re not the only one cursed with knowledge.

字幕:お前も知識に呪われた男

訳 :お前だけが知識に呪われた者ではない

分詞部分が『cursed with knowledge』で、2単語以上になっています。なので、名詞の『the only one』を後ろから修飾(後置修飾)しています。

熟語:be cursed with ~

意味:~に苦しめられる、呪われる

 

2.ソー

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 名言 名シーン アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 名言 名シーン

ソー(クリス・ヘムズワース)

Bring me Thanos!

字幕:サノスを呼んでこい!

訳 :サノスを俺のもとに連れてこい!

シーン:ソーがストーム・ブレイカーを手にし、ワカンダに登場したシーンです。サノス軍に押されているワカンダ軍とアベンジャーズのもとに駆けつけるタイミングもばっちりですし、ビフレストを使った登場の仕方も何をとってもカッコいい!

 

英語の解説

第4文型(SVOO)

セリフが『人に物を与える』といったニュアンスの第4文型の形になっています。また、命令文なので主語(S)はありません。

Bring me Thanos!

訳:俺にサノスを連れてこい!

S(主語):なし

V(動詞):bring

O1(目的語1):me

O2(目的語2):Thanos

 

3.ドクター・ストレンジ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 名言 名シーン

ドクター・ストレンジ / スティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)

We’re in the endgame now.

字幕:あとがなくなったな

シーン:ドクター・ストレンジがインフィニティ・ストーンの1つ、タイム・ストーンを差し出すので、アイアンマンを助けてくれと、サノスに頼んだシーンです。このシーンは映画の公開後に、特に話題になりましたね。続編にあたる映画は『アベンジャーズ/エンドゲーム』ですが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公開時のときには、まだ続編のタイトルが分からず、長らく伏せられていました。

そして、そのタイトルが『Endgame』と分かったときに、ドクター・ストレンジがその単語を口にしていたことでファンたちはこのセリフに注目しました。

実は『Endgame』という単語はドクター・ストレンジだけではなく、あの人物も口にしていて…詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

英語の解説

名詞:endgame

意味:(試合の)最終段階、(チェスの)大詰め、最終目標、終盤

 

4.ロキ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 名言 名シーン アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 名言 名シーン

サノス

Your optimism is misplaced, Asgardian.

字幕:楽観的だな アスガルド人

訳 :お前の楽観主義は見当違いだな アズガルド人

 

ロキ(トム・ヒドルストン)

Well, for one thing, I’m not Asgardian.

字幕:私はアスガルド人じゃない

訳 :まあ 1つ言っておくが 私はアスガルド人じゃない

 

And for another… we have a Hulk.

字幕:それに ハルクがいる

訳 :そしてもう1つ 我々にはハルクがいる

シーン:サノス軍にソーたちアスガルド民の乗る船が襲われたシーンです。面白いのが、ハルクを嫌っているはずのロキが『we have a Hulk.:ハルクがいる』と言った点です。この『We have a Hulk.』は、映画『アベンジャーズ』でアイアンマンがロキに言ったセリフです。それを逆にロキが口にするというのがなんとも面白いですね。

 

英語の解説

熟語:for one thing A, for another B

意味:1つめにA そしてもう1つがBだ

 

5.グルート&キャプテン・アメリカ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 名言 名シーン

グルート(ヴィン・ディーゼル)

I am Groot.

字幕:俺はグルート

 

キャプテン・アメリカ / スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)

I am Steve Rogers.

字幕:僕はスティーブ・ロジャース

シーン:ワカンダでサノス軍とアベンジャーズが戦っている最中、グルートの『I am Groot.』というセリフに対して自己紹介をするキャップ。可愛いですね。グルートは『I am Groot.』としか言えないので、それを言ったのですが、キャップは自己紹介だと勘違いして律義に自分も自己紹介を返します。戦闘中にも関わらず、礼儀正しいあたりがキャップらしい?

そして、日本語字幕にも面白いところが出ていて、グルートの一人称が『俺』になっているところです。グルートは、成長とともに一人称が『僕』『俺』『私』と変わっていくのが面白いですよね。マルチバースには『吾輩』とか言ったりするグルートもいるのかな?

 

英語の解説

『I am』と『I’m』の違い

『I am』の方が、『I’m』に比べて自己主張・強調の意味合いが強いです。なので、大切な場面なのでは『I am』と言うことが多いですね。

『I am Iron Man.』がとてもいい例だと思います。

 

最後に

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 名言 名シーン

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の名言・名シーンをまとめました。まだまだ名言はあるのでまた記事を作っていきたいですね。

やっぱりアベンジャーズシリーズは集大成で、多くの主役級のヒーローが一堂に会するので、取り扱いたい名言が多いです。あのセリフも、あのセリフも!となってしまいますね。続きの記事を楽しみにしていてください。

 

当ブログでは、MCUの名シーンを使って英語の解説をしているので、英語を楽しく学びたい方はブックマークをよろしくお願いいたします。

 

Twitterはこちら

@Ironman_English

記事の更新などのを告知をしています。フォローをよろしくお願いします。

 

YouTubeのチャンネルはこちら

アキラのアメコミ映画の英語解説

マーベルやスターウォーズの英語を解説しています。チャンネル登録をよろしくお願いします。

 

おススメの記事

【MCU】映画『アベンジャーズ』の名シーン5選!名言・名セリフまとめ【英語解説】

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の名言・名シーンまとめ【5選】その1

【MCU】映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の名シーン5選!名言・名セリフまとめ【英語解説】

 

 

 

BD・DVD:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

https://marvel.disney.co.jp/movie.html

(参照2022/09/19)

名言・名シーンカテゴリの最新記事