【I am Groot・アイ・アム・グルート】グルートの名言と名シーンまとめ!字幕に注意!【英語解説有り】

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズでひと際目立つ地球外生命体の木、グルート。

そんな彼?木は、『I am Groot.』しか言うことができません。しかし、1度だけ、『I am Groot.』以外のセリフを言ったときもあります。

 

更に、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督ジェームズ・ガンとファンのやり取りでこんなこともありました

Twitterにて

ファン:このインフィニティ・ウォーの指パッチンされたグルートの『I am Groot.』はどういう意味ですか?

監督:このセリフは意味は…

この時、何て監督が返したか?シーンと共に解説したいと思います。

 

今回はそのグルートに焦点をあてて、彼の名言・名シーンを紹介していきつつ、『I am Groot.』の日本語字幕の変化、英語の解説をしていきます。

 

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』より

1.私はグルート 最初のアイ・アム・グルート

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

グルートのセリフ

I am Groot.

字幕:私はグルート

 

スター・ロード/ピーター・クイルのセリフ

So what? What’s the Orb?

字幕:オーブの正体は?

訳:それで、オーブって何なんだ?

シーン:初めてグルートが『アイ・アム・グルート』『私はグルート』と言ったシーンはガーディアンズ一行がキルン刑務所に着いたときでした。

スター・ロードがオーブについて話をしていたのですが、グルートが『アイ・アム・グルート』しか言えないので徐々に違和感を覚えてましたね。

グルートが登場したのは、惑星ザンダーで、ロケットと噴水の近くにいたシーンですね。そのシーンとスター・ロードを捕獲しようとしていたシーンでは意外にも『アイ・アム・グルート』とは言っていませんでした。

 

英語の解説

・疑問詞 what

意味:何

疑問詞は文頭に配置しましょう。これは、他の疑問詞である、where, when, whyなども同様です。

 

2.ボケブラリーが “私” と “は” と “グルート” しかない

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ロケットのセリフ

Well, he don’t know talking good like me and you.

字幕:うまく話せねえんだよ

訳:えっと、彼は俺やお前みたいに上手に話すことが分からないんだ

 

So his vocabulistics is limited to “I” and “am” and “Groot.”

字幕:ボケブラリーが “私” と “は” と “グルート” しかない

訳:そう、彼のボキャブラリーは “私” と “は” と “グルート” しかない

シーン:スター・ロードが、グルートは『アイ・アム・グルート』しか言ってないぞ?と言う疑問に対してロケットが返したセリフです。

映画を見ている観客もグルートのキャラクターが分かるシーンですね。しかし、映画の最後『アイ・アム・グルート』以外の言葉をグルートは言います。

 

セリフにある『vocabulistics』は造語で、語彙力の意味を持つ『vocabulary』から来ているのでしょう。日本語字幕はその語彙力・ボキャブラリーを “ボケ” ブラリーと表しています。

 

英語の解説

・熟語 be limited to ~

意味:~に制限される

 

3.私たちはグルート

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ロケットのセリフ

No, Groot! You can’t. You’ll die. 

字幕:よせ!死んじまうぞ!

訳:よせ、グルート!しちゃだめだ、死んじまうぞ!

 

Why are you doing this? Why?

字幕:なぜ そこまで なぜだ?

訳:なぜお前はこんなことをしているんだ?なぜ?

 

グルートのセリフ

We are Groot.

字幕:私たちはグルート

シーン:ロナンの旗艦であるダーク・アスターが墜落する。ガーディアンズ一行はそのダーク・アスターから逃げるすべがなかった。そんな時にグルートは自分の全身の枝を伸ばし、仲間のガーディアンズを包み込んだシーン。

長年一緒に行動をしていたであろう、ロケットが『ボケブラリーが “私” と “は” と “グルート” しかない』と言っていたのだが、ここで初めてそれ以外の言葉の『私たちはグルート』『We are Groot.』を言った。

この時のグルートが伝えたい思いは、ロケットだけには通じていたようです。

 

英語の解説

・疑問詞 why

意味:なぜ

 

セリフでは、現在進行形の疑問文に疑問詞whyが使われています。

 

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』より

4.ボクはグルート

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

グルートのセリフ

I am Groot.

字幕:ボクはグルート

シーン:映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の冒頭、ガーディアンズが集合して怪物アビリスクと戦う前のシーンです。

前作では小枝になってしまったグルートが成長して、ベビーグルートになっていますね。今まで『私はグルート』だったのが、『ボクはグルート』に変わりましたね。

やはり、子供なのか1人称が『ボク』になっているのが、また可愛くて仕方ないですね。

 

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より

5.俺はグルート

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーアベンジャーズ/インフィニティ・ウォーアベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

グルートのセリフ

I am Groot.

字幕:俺はグルート

 

スター・ロード/ピーター・クイルのセリフ

Whoa!

訳:落ち着けよ

 

ロケットのセリフ

Language!

字幕:口が悪いぞ!

 

ガモーラのセリフ

Hey!

訳:ちょっと!

 

ドラックスのセリフ

Wow.

訳:マジかよ

 

スター・ロード/ピーター・クイルのセリフ

You got some acorns on you, kid.

字幕:よくもそんな口を

訳:お前どんぐりが生えてきてからに

 

ロケットのセリフ

Ever since you got a little sap, you’re a total d-hole.

字幕:汁が出始めてからクソ生意気だぞ

訳:樹液が出るようになってから、お前は本当にクソ野郎だな

シーン:映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の冒頭で、ガーディアンズが登場するシーンの会話です。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス』の最初ではベビー・グルートでしたが、徐々に成長していったグルート。エンディングではずっとゲームをする姿も。そのグルートがついに『俺はグルート』と1人称が俺になっていますね。反抗期の子供のようですね。

ガーディアンズみんなでグルートを叱っていて家族のような雰囲気もあり、和むシーンですね。あのドラックスが『Wow!』とビビってるのも面白い。

 

英語の解説

・口語 Language!

訳:口が悪いぞ!

意味:言語

 

映画で汚い言葉を言ったら誰かがよく言うフレーズですね。キャプテンが言っているイメージがあります。ただ、キャップが汚い言葉を言ったときに、トニーがあげ足を取ってましたね。

・スター・ロードのセリフ

You got some acorns on you, kid.

字幕:よくもそんな口を

訳:お前どんぐりが生えてきてからに

acorn:どんぐり

スラングで『ペ〇ス』の意味があります。なので、もしかすると訳は

 

You got some acorns on you, kid.

訳:お前はペ〇スが生えてきたな

・名詞 sap

意味:樹液

セリフでは汁と訳されて、『汁が出てきてから~』となっていました。

sap, you’re a total d-hole.

・スラング d-hole

意味:クソ野郎

 

d-holeのdは

・douchebag:膣洗浄器

スラングで嫌な奴・クソ野郎

 

・dirtbag:嫌な奴・クソ野郎

 

6.俺はグルート 僕はスティーブ・ロジャース

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

グルートのセリフ

I am Groot.

字幕:俺はグルート

 

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースのセリフ

I am Steve Rogers.

字幕:僕はスティーブ・ロジャース

シーン:グルートとキャプテン・アメリカが初めて出会ったときの会話です。

キャプテンはグルート語を知らないので、相手の自己紹介に対して自己紹介で返す。キャプテンらしさが出る良いシーンですね。

戦いの真っただ中なのに笑ってしまいますね。

 

7.俺はグルート (指パッチン) ジェームズ・ガンが言及

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

グルートのセリフ

I am Groot.

字幕:俺はグルート

訳:お父さん…

シーン:サノスがインフィニティ・ガントレットに全てのインフィニティ・ストーンを集め、遂に全宇宙の生命の半分が消し去られる。その消し去られる半分に入ってしまったグルートが、ロケットを目の前にして言ったセリフは『俺はグルート』『I am Groot.』でした。

このセリフは公開後、ファンがTwitterで映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督であるジェームズ・ガンにこの時の『I am Groot.』の意味を質問したところ、このグルートのセリフの意味は『Dad』(お父さん)であることがわかりました。

以下がその時のやり取りです。

ロケットに対して、お父さんという感情を持っていたのが分かるシーンでした。

スター・ロードはお兄ちゃん、ガモーラはお姉ちゃんの様な位置なのでしょうか。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』では、グルートにとってドラックスはなんだか苦手な相手のようでどこか嫌がっているようなそぶりが多いですね。このことは特典映像などで語られていました。

 

最後に

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

グルートの名言・名シーンをまとめました。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では、『I am Groot.』(私はグルート)しか言えないグルートが『We are Groot.』(私たちはグルート)と言うシーンは感動します。

そして、これは日本語ならではの楽しみですが。グルートの1人称が変わっていくのは楽しいですね。

 

●映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

1人称:私・私達

●映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

1人称:ボク・俺

●映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

1人称:俺

 

英語は自分のことをアイ、『I』で表しますが、日本語では、『私・僕・俺・ワシ・吾輩』などと自分を表す言葉が沢山あり、性格・年齢などを表せるのが面白いですよね。

1人称を自分で選べる。これは英語にはない、日本語特有のの面白さですよね。英語圏の方に日本語ではこんな風に訳されているんだよ!と教えたくなります。

 

そしてこの記事は7月18日に公開しました、今日はグルートの声を演じる、ヴィン・ディーゼルの誕生日です!

誕生日おめでとうございます!誕生日のお祝いとして記事を作りました。お祝いがてらぜひ、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を見よう!

 

Twitterはこちら

@Ironman_English

記事の更新などのを告知をしています。フォローをよろしくお願いします。

 

YouTubeのチャンネルはこちら

アキラのアメコミ映画の英語解説

マーベルやスターウォーズの英語を解説しています。チャンネル登録をよろしくお願いします。

 

おススメの記事

【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】スター・ロードの名言と名シーンまとめ!【英語解説有り】

【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】スター・ロードの名言と名シーンまとめ!【英語解説有り】

 

金持ちヒーロー『アイアンマン』の名言と名シーンまとめ!6選【英語解説有り】

金持ちヒーロー『アイアンマン』の名言と名シーンまとめ!6選【英語解説有り】

 

映画『ブラックパンサー』の名言と名シーンまとめ!7選【英語解説有り】

映画『ブラックパンサー』の名言と名シーンまとめ!7選【英語解説有り】

 

 

DVD・BD:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

DVD・BD:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

DVD・BD:アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

https://marvel.disney.co.jp/movie.html

(参照2020/07/18)

名言・名シーンカテゴリの最新記事