マーベル映画で学ぶ英語:学校で教えてくれない、「will」と「be going to」のニュアンスの違い

マーベル映画で学ぶ英語:学校で教えてくれない、「will」と「be going to」のニュアンスの違い

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)より

原題『Avengers: Age of Ultron』

 

 

はじめに

マーベル・アメコミ映画の名言を使って、英語の基礎から解説をします。

映画の英語をちょっとでも英語で分かってみたい!アメコミを英語で読んでみたい!って方向けの記事です。

一緒に映画で英語を勉強してみましょう!

 

今回のテーマは、「will」と「be going to」のニュアンスの違いです!

今回の記事の内容は、YouTubeの動画でも解説しています。動画は下にリンクを貼りました。

 

 

名言・セリフ

ストラッカーのセリフ

『I am going to surrender.』

『私は降伏するつもりだ。』

 

このセリフは、映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の冒頭、アベンジャーズがヒドラの基地を襲撃しているときのものです。

ヒドラの幹部のストラッカーが、部下たちに「降伏はしない!」と言っておきながら、こそっと言ったセリフです。

部下たちの前では、偉そうなことを言っておきながら、本当は結局部下をおとりにして、逃げちゃおうとしてる…絶対に上司にしたくないキャラクターですね。

 

実は、このセリフ「will」と「be going to」のニュアンスの違いがわかると、彼の腹黒さがさらにわかるんです!

 

「will」と「be going to」の意味

・will

品詞:助動詞

意味:~するつもり・~するだろう

 

・be going to

熟語

意味:~するつもり・~するだろう

 

基本的に、同じ意味だと考えてしまっても大丈夫です。細かいところで違うので、まずは同じ意味だ!って考えてしまって大丈夫です。

 

例)

Tony will invent Ultron to save the world.

「トニーは世界を救うために、ウルトロンを発明するだろう。」

 

Tony is going to invent Ultron to save the world.

「トニーは世界を救うために、ウルトロンを発明するだろう。」

 

学校などの問題では、上の2文は同じで、書き換えできるよ。と教わると思います。

 

 

 

「will」と「be going to」のニュアンスの違い

“will”と”be going to”はともに、「~するつもり」と、予定・これからのことを話すときに使います。しかし、完全に同じと、言うわけではありません。細かいところで違いがあります。

違う点はいつ決めた予定か、が違います。

 

・willの決めたタイミング

会話をしている、「いま」決めた予定

 

・be going toの決めたタイミング

会話をしている、「まえ」に決めた予定

 

 

そこで、ストラッカーのセリフを振り返ってみると

ストラッカーのセリフ

部下に対して

『No surrender!』

『降伏はしない!』

 

幹部同士で

『I am going to surrender.』

『私は降伏するつもりだ。』

 

“be going to”を使っていますね、なので、ストラッカーは前々から、降伏することを決めていたんですね!なので、逃げる気満々だったのがわかります。ずるい感じが一層感じられます。大局を見ている上司としては正しいのかもしれませんが…

 

 

問題

( )には、どちらの表現が入るでしょう?

①”will”のいま決めた『~するつもり』

②”be going to”のまえに決めた『~するつもり』

 

1.デートのお誘い

ペギー

『How about dancing next Saturday?』

『今度の土曜日にダンスをしない?』

スティーブ

『Yes. I ( ) do it!

『もちろん。ダンスをしよう!』

 

 

2.昨日決めた計画の話について

ロケット

『Tell me your plan which you made yesterday, again?』

『もう一度、昨日作った計画を教えてくれないか?』

スターロード

『I ( ) steel the Orb from Ronan!

『ロナンからオーブを盗むつもりさ!』

 

 

3.喧嘩中

ゴロツキ

『You should give up!』

『諦めるべきだぜ!』

スティーブ

『I ( ) do this all day!

『1日中だってやれるぞ!』

 

 

答え

( )には、どちらの表現が入るでしょう?

①”will”のいま決めた『~するつもり』

②”be going to”のまえに決めた『~するつもり』

 

1.デートのお誘い

ペギー

『How about dancing next Saturday?』

『今度の土曜日にダンスをしない?』

スティーブ

『Yes. I will do it!

『もちろん。ダンスをしよう!』

 

①”will”のいま決めた『~するつもり』が、入ります。ペギーに提案をされて、今決めたからです。

 

 

2.昨日決めた計画の話について

ロケット

『Tell me your plan which you made yesterday, again?』

『もう一度、昨日作った計画を教えてくれないか?』

スターロード

『I am going to steel the Orb from Ronan!

『ロナンからオーブを盗むつもりさ!』

 

②”be going to”のまえに決めた『~するつもり』が、入ります。昨日=前に決めた計画だからです。

 

 

3.喧嘩中

ゴロツキ

『You should give up!』

『諦めるべきだぜ!』

スティーブ

『I will do this all day!

『1日中だってやれるぞ!』

 

①”will”のいま決めた『~するつもり』が、入ります。喧嘩中に決めたことだからです。おまけですが、”will”には、『意志』という意味があるので、”will”を使うことで強い意志がある!ってニュアンスも含むことができます。

 

 

まとめ

今回のポイントは

「will」と「be going to」のニュアンスの違い=予定を決めたタイミングが違う

・willの決めたタイミングは、「いま」

・be going toの決めたタイミングは、「まえ」

このちょっとしたニュアンスの違いがわかると、キャラクターの気持ちがわかって楽しいですね!

 

 

今回のセリフの後を紹介します

ストラッカーのセリフ

『I am going to surrender.』 『私は降伏するつもりだ。(まっ、もともと決めてたんだけど!)』

『You will delete everything.』 『お前はすべてのデータを消しておくんだ。』

と、今度は”will”を使ったセリフを言っていました、こちらは、今の状況を考えてのセリフですね。ちゃんと現状を考えてこれからのことを”いま”決めたんですね。こうやってしっかりと使い分けをしているのを見ると、幹部同士だからわざと”be going to”を使ったんだなと感じますね。

 

今回は「will」と「be going to」のニュアンスの違いを紹介しましたが、こういった場面を頭に入れながらだとより記憶に残ると思います!私は時々このニュアンスの違いを忘れちゃうんですけど、このシーンを思い出してニュアンスの違いを思い出すようにしています!

ぜひ、このシーンとともに、ニュアンスの違いを覚えてください!それではまた!

 

YouTubeの動画

 

DVD『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

https://marvel.disney.co.jp/movie.html

(参照2019/03/25)