マーベル映画で学ぶ英語:アイアンマンの名言でかっこいい『わかってる!』の言い方

マーベル映画で学ぶ英語:アイアンマンの名言でかっこいい『わかってる!』の言い方

映画『アイアンマン』(2008年)より

原題『Iron Man』

 

はじめに

マーベル・アメコミ映画の名言を使って、英語の基礎から解説をします。

映画の英語をちょっとでも英語で分かってみたい!アメコミを英語で読んでみたい!って方向けの記事です。

一緒に映画で英語を勉強してみましょう!

 

今回のテーマは、意訳の仕方と、文法の大切さについてです。

今回の記事の内容は、YouTubeの動画でも解説しています。動画は下にリンクを貼りました。

 

名言・セリフ

トニーのセリフ

『Take me to maximum altitude.』

『私を最高高度まで、連れて行け!』

 

ジャーヴィスのセリフ
『With only 15% power, the odds of reaching that…』

『わずか15%のパワーでは、その高度に達する可能性は…』

 

トニーのセリフ
I know the math! Do it!』

直訳『私は数学を知っている!やるんだ!』

意訳『わかってる!やるんだ!』

 

 

 

このセリフは、映画『アイアンマン』の終盤、アイアンマンと、オバディアが乗るアイアンモンガーが戦っている最中に、トニーが空中にオバディアを誘い込もうとしたときのセリフです。

ジャーヴィスが『残りのパワーでは…』と警告してきて、トニーが『そんなことはわかっている!』って意味で、『I know the math!』と返したので、こんな返し方があるんだ!と感動しました。

この返しのセリフは中学1年生でも言えるセリフです。なので、セリフ次第で、中学1年生でもこんなにかっこいいセリフを言えるんだ!と思っていただけたらと思います。

 

 

意訳に至るまで

トニーのセリフ

『I know the math!』

意訳『わかってる!』

 

このセリフは、ジャーヴィスがアイアンマンのパワー残量などを管理しているので、その数値からではこの飛行が危ない…!ということを何度も伝えていたので、トニーが『数学を知っている!』と返しました。そもそも、何度も警告しろってジャーヴィスにトニーが命令していて。自分で命令しておきながら、『うるさい、わかってる!』って、ジャーヴィスを振り回すあたりがトニーらしくて好き。

 

直訳から意訳へ

数学を知っている!』→『数字のことはわかっている!』→『パワー残量(数値)のことはわかってるよ!』→『わかってる!』

このように、意訳をしましょう。

 

『わかってる』を、普通に英語にすると、

・I know that!

・I understand!

などを使えますが、トニーはあえて、『I know the math.』を使っています。

 

 

 

一般動詞の文法

一般動詞の”know”を使った英文なので、下の順番で英語を配置しましょう。一般動詞の文法は以下の通りです。

 

文法:主語 一般動詞 名詞等.

 

対応している単語

主語:I (私は)

一般動詞:know (知っている)

名詞等:the math (数学)

 

セリフ

I know the math.

直訳:私は、数学を知っている

意訳:わかってる!

 

 

問題

次の()の単語を並べ替えてみましょう!

 

1.映画『シビル・ウォー』より

ファルコンがウィンター・ソルジャーに言ったセリフ

( hate, you, I, ).

『おまえのことなんか嫌いだ。』

字幕では『うるせぇ』

 

2.映画『インフィニティ・ウォー』より

サノスがスターロードに言ったセリフ

( like, I, you, ).

『気に入った。』

 

3.応用!映画『インフィニティ・ウォー』より

トニーがサノスに言ったセリフ

( know, you, me, )?

『私を知っているのか?』

 

 

答え

次の()の単語を並べ替えてみましょう!

 

1.映画『シビル・ウォー』より

ファルコンがウィンター・ソルジャーに言ったセリフ

I hate you. 『おまえのことなんか嫌いだ。』 字幕では『うるせぇ』

主語:I (私は)

一般動詞:hate (嫌い)

名詞:you (あなたを)

 

2.映画『インフィニティ・ウォー』より

サノスがスターロードに言ったセリフ

I like you. 『気に入った。』

主語:I (私は)

一般動詞:like (好き)

名詞:you (あなたを)

 

3.応用!映画『インフィニティ・ウォー』より

トニーがサノスに言ったセリフ

You know me? 『私を知っているのか?』

主語:You (あなたは)

一般動詞:know (知ってる)

名詞:me (私を)

これは、普通の肯定文の最後に『?』を付けて、疑問文にしています。本来の疑問文だったら、『Do you know me?』となります。しかし、会話とかだと、肯定文の最後に『?』を付けるだけで疑問文にすることは多々あります。映画『インフィニティ・ウォー』では、トニーがマンティスに『You know Thor?』と『ソーを知ってるのか?』と言っていましたね。

 

 

まとめ

カッコいい名言も基本は一緒です。

今回の名言のセリフは基本的な文法を使ったものでした。それも、一般動詞の文法で、中学1年生もわかります。私は自分が勉強した英語が実際に映画で使われていたり、自分で理解できると、英語が楽しい!って感じたので、ぜひこの記事を読んで、英語の基本を勉強することが大切なんだな!って感じて映画を楽しんでもらえたらと思います。

 

おまけ

今回のセリフの前後の単語が難しいものが多かったので、単語の意味などをまとめます。

トニーのセリフ

『Take me to maximum altitude.』

『私を最高高度まで、連れて行け!』

maximum:形容詞 最大、最高

altitude:名詞 高度

 

ジャーヴィスのセリフ
『With only 15% power, the odds of reaching that…』

『わずか15%のパワーでは、その高度に達する可能性は…』

odds:名詞 見込み、可能性、オッズ(ギャンブルで使うやつです)

reaching that:動名詞部分 それに届く

 

トニーのセリフ
『I know the math! Do it!』

『わかってる!やるんだ!』

Do it!:命令文

 

YouTubeの動画

 

DVD:アイアンマン
https://marvel.disney.co.jp/movie.html
(参照2019/04/02)

英語学習カテゴリの最新記事