マーベルで学ぶ英語2

NO IMAGE

マーベル映画から学ぶことが出来る英語を紹介していきます!
第2回は、迫るインフィニティ・ウォーを見るなら、絶対に見ておかなければならない、
映画『シビル・ウォー』から

キャプテン・アメリカのセリフ
『I know I hurt you, Tony.』
『僕が、君を傷つけてしまったことは、分かっているよ、トニー。』 トニーが映画の最後に、キャプテンからの手紙を受け取りましたね。
そこに書いてあった手紙のセリフがこちらです。

この英文から3つ勉強になることを紹介します!

1つ目!
『I know (that) 1文.』
『私は、1文を知っている。』 このknowをthink(思う)やbelieve(信じている)に変えることも出来るので、
バリエーションを増やしてみて下さい!

knowはマーベル映画ではよく使われます。
映画ウィンター・ソルジャーでキャプテンが、バッキーに
『You know me!』
『お前は私を知っている!』
直訳ではなく、下みたいに訳すとカッコいい!
『思い出してくれ!』 2つ目!
一般動詞のhurtの活用!

このセリフのhurtは過去形なんです!
このhurtの原形・過去形・過去分詞は全部同じで
hurt・hurt・hurtなんです!

3つ目!
キャプテンの優しい気持ちがわかる、I knowを使った心遣い! 『I know』を使わず、
『I hurt you.』にしてしまうと。
『僕が君を傷つけた。』となります。

しかし、ここに『I know』を入れることによって、
キャプテン自身が、『僕は良く分っているんだ、君を傷つけてしまったのを。』とトニーの事を考えているのが分ります。
キャプテンが悩んでいるのが分るいいセリフだと思います。

おまけ!
この手紙と一緒にキャプテンと連絡の取れる携帯が送られていたのですが、
その携帯が、インフィニティ・ウォーの予告で登場しています。
トニーが持っているので、是非探して下さい!

以上です!
マーベルで英語を勉強していきましょう!