ミステリオが誕生した理由は?その2『スパイダーマン/ファーフロムホーム』で不定詞の副詞的用法を学ぼう!

ミステリオが誕生した理由は?その2『スパイダーマン/ファーフロムホーム』で不定詞の副詞的用法を学ぼう!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)より

原題『Spider-Man: Far From Home』(2019年)

 

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の名言を使って英語を勉強しようと思います!

英文からは、何の目的でミステリオが作られたのかわかります。

テーマは2つ。

1.不定詞の副詞的用法

2.第4文型のSVOO

の2つを紹介します。

難易度は中学・高校レベルです。文の長さ的には高校生くらいですが、優しく解説していきます。

 

今回の内容は、前回の記事の続きになっています、前回では不定詞の形容詞的用法に着目して解説をしました。記事はこちら。

ミステリオが誕生した理由は?『スパイダーマン/ファーフロムホーム』で不定詞の形容詞的用法を学ぼう!

 

!!ネタバレあり!!

記事の内容は、映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の内容に触れるので、映画をまだ見てない方で、ネタバレは…って方は、これ以上先を読まないでください。

また英語のセリフなどは、映画館で聞いただけなので、間違いもあるかもしれません。

 

ミステリオ/クエンティン・ベックの名言

ミステリオ/クエンティン・ベックの名言

I created Mysterio to give the world someone to believe in.

私は世界に信じられるヒーローを与えるために、ミステリオを作った。

 

I control the truth. Mysterio is the truth!

私は、真実を支配する。ミステリオは真実なのだ!

 

 

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の時系列は、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の直後になります。エンドゲームの最後、アイアンマンがインフィニティ・ストーンを装着したナノガントレットで指パッチンをして、世界はサノスの手から守られました。

ミステリオは、この出来事の後に、アイアンマンの亡き世界でアイアンマンのポジションに入り、世界に影響力があるヒーローになろうと画策をしていたのでしょう。うまく行けば人々の次に信じるべきヒーローになれそうでしたが、スパイダーマンに阻止されてしまいました。ミステリオが影響力を持った世界も見てみたいですね。

今回は、前回の記事で解説できなかった不定詞の副詞的用法について解説をしていきます。不定詞は名詞・形容詞・副詞的用法と3種類あるので、どの不定詞も理解していることが重要です。

 

英語の解説

1.不定詞の基本

作り方    :to 動詞の原形 名詞等

意味       :以下の3つのウチのどれか

・名詞的用法       ~すること

・副詞的用法       ~するために

・形容詞的用法    ~するための

不定詞の難しい所は、作り方が同じなのにも関わらず、訳が3つあります。理解が進むと、不定詞の位置から3つの用法のどの用法なのかがわかります。

最初は、見分ける方法として全ての訳を試してみるのがおすすめです、一番しっくりきた訳を選んでみましょう。慣れてくると、3つのウチのどれかがすぐわかるようになります。

 

 

2.不定詞の副詞的用法

I created Mysterio to give the world someone to believe in.

私は、信じられるヒーローを世界に与えるために、ミステリオを作った。

このセリフの、to give the world someoneが不定詞の副詞的用法になっています。

 

副詞的用法の訳:~するために

副詞的用法は、動詞を修飾します。

 

不定詞が修飾する先は

不定詞部分の『to give the world someone』が一般動詞の『created』を修飾しています。

to give the world someone:世界にヒーローを与えるために

created:作った

今回は、someoneをヒーローと意訳しています。

 

ブロックで訳す

不定詞が動詞を修飾をしたので、そこを1つのブロックとして訳します。

created Mysterio to give the world someone

ヒーローを世界に与えるために、ミステリオを作った

 

 

3.第4文型のSVOO

SVOOとは?

S:主語

V:動詞

O:目的語

このように、SVOOと言われると、『ん~???よく分からないぞ?』ってなる方もいると思います、私は学生の時そうでした。

 

なので、今回は『SVOO』をいったん、『主語 動詞  』と呼びます。

1つ目のO:人

2つ目のO:物

と考えてください。

 

SVOOの訳は基本1つ

文型を習うと何が良いのかと言うと、訳が簡単になります。

この第4文型の『SVOO』である、『主語 動詞  』の訳は基本的に1つです。

『主語が与える。』

 

Peter’s mother gave Star-Lord her cassette tape.

ピーターの母は スターロードに 自分のカセットテープ(物) を与えた

 

Peter gave Beck his Sunglasses.

ピーターは ベック(ミステリオ)に サングラス(物) を与えた

 

慣れてきたら、『主語 動詞  』から本来の第4文型の『SVOO』の考え方で考えられるようになると良いですね。

マーベルの世界の2人のピーターで例文を作ってみました。

 

今回のセリフを読む

今回のセリフを、第4文型の『SVOO』に当てはめてみる。

分かりにくいですが、『SVOO』になっている部分は、不定詞部分になっています。不定詞部分の動詞のgiveが第4文型をとる動詞になっているからですね。

 

I created Mysterio to give the world someone to believe in.

私は 世界に 信じられるヒーロー(物) 与えるために ミステリオを作った。

 

物の部分である、『someone 』は、不定詞の『to believe in』が修飾をしていることで大きな名詞となっています。ここが1つの分かりにくい部分ではありますが、不定詞の形容詞的用法の『to believe in』と、わかると訳せると思います。

 

 

・不定詞の形容詞的用法

to believe in

信じられる

こちらのブロックは不定詞の形容詞的用法になっています。前回の記事で詳しく解説しました。

 

問題

次の文の不定詞部分は名詞・形容詞・副詞のどの用法でしょう?不定詞の応用も…?

日本語訳も考えよう!

 

問1.

Peter wants Beck to be next Ironman.

 

問2.

Tony made Ultron to save the world.

 

問3.

映画『ドクター・ストレンジ』より

ドクター・ストレンジのセリフ

I’ve come to bargain.

 

答え

次の文の不定詞部分は名詞・形容詞・副詞のどの用法でしょう?不定詞の応用も…?

日本語訳も考えよう!

 

問1.

Peter wants Beck to be next Ironman.

ピーターは、ベック(ミステリオ)に次のアイアンマンになって欲しい。

 

こちらの不定詞は、不定詞の応用で、

SVO+to 不定詞の表現になっています、私はよくこの表現を『動詞 人 to 不定詞』って言ったりします。

 

・want 人 to 不定詞

訳:人に~して欲しい

訳が、欲しいの部分はwantだからであり、tellやaskが来ることもあります。

 

問2.

Tony made Ultron to save the world.

トニーはウルトロンを、世界を救うために作った。

不定詞の副詞的用法です、to save the worldがmadeを修飾しています。

 

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』でもトニーがアイアンマン軍団を世界に配置しておけば!と言っていましたね。

 

問3.

映画『ドクター・ストレンジ』より

ドクター・ストレンジのセリフ

I’ve come to bargain.

取引をしにきた!(取引をするためにきた)

不定詞の副詞的用法です、to bargainがcomeを修飾しています。

 

ストレンジがドルマムゥに対して言ったセリフですね、インフィニティストーンのタイムストーンを使い、無限のタイムループを起こし、ドルマムゥを撃退しましたね。

 

 

最後

ミステリオ/クエンティン・ベックの名言

I created Mysterio to give the world someone to believe in.

私は世界に信じられるヒーローを与えるために、ミステリオを作った。

I control the truth. Mysterio is the truth!

私は、真実を支配する。ミステリオは真実なのだ!

 

とてもカッコいいセリフですね。1つ目のセリフの中には、不定詞が2つも使われており、今回紹介した副詞的用法と、前回紹介した形容詞的用法が盛り込んであります。映画や英会話ではよく不定詞は使われます。なので、私のブログでも幾度も不定詞の表現は解説する予定です。

私は英語がもともと苦手でしたが、英語が得意になった過程は映画の好きなセリフを覚えることからでした。この記事ではいろんなカッコいいセリフを紹介していくので、マーベル好きの方たちに楽しく覚えていってもらえると嬉しいです。

 

この記事が、読んでいただく方々の英語への興味や関心に繋がったり、英語が楽しく感じるキッカケになってほしいと思い、記事を書きました。
今後もこの気持ちで、英文を読み取ることでわかる心境や、心に響くかっこいい名言を探し紹介し、更に英語の勉強にもなるよう解説していきたいと思います。

 

関連記事

今回のセリフを不定詞の形容詞的用法に着目して解説した記事がこちら。(上にもリンクを貼っていたものです)

ミステリオが誕生した理由は?『スパイダーマン/ファーフロムホーム』で不定詞の形容詞的用法を学ぼう!

 

 

スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの記事はこちら

〇ネタバレ有『スパイダーマン/ファーフロムホーム』の名言とその英語!

ネタバレ有『スパイダーマン/ファーフロムホーム』の名言とその英語!

 

〇ネタバレ有り:映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のサウンドトラックの曲名・タイトルを日本語訳!

ネタバレ有り:映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のサウンドトラックの曲名・タイトルを日本語訳!

SPIDER-MAN: FAR FROM HOME – Official Trailer

https://youtu.be/Nt9L1jCKGnE

(参照2019/07/09